矯正治療中の歯の磨き方・メインテナンスのしかた

矯正治療をしている時のお口の状態って?

矯正治療が始まると、装置を取り付ける前と比べて、特に丁寧に歯磨きを行う必要があります。矯正装置を付けたお口の中は、食べカスが残りやすい状態になるため、今までよりも多少の時間コツが必要になるのです。

歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しは、時間が経つと“プラーク”とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯ぐきの炎症の原因となってしまいます。虫歯や歯ぐきの治療で、治療期間が延びてしまわないように、毎日の歯磨きでお口の健康を守りましょう。

ここでは、矯正治療中の歯磨きのポイントについてご紹介致します。


汚れの残りやすい場所と磨き方

ブラケットの周りの磨き方ブラケットの周り

ブラケットを中心にし、歯を上・下にわけて磨く
矯正装置と歯の間に歯ブラシをななめ(45度)にあてる。
 width=歯と歯の間

歯ブラシをにして、歯ブラシの先端(つま先)で磨く
または、歯間ブラシやデンタルフロス、ワンタフトブラシを使って、汚れを落とす。
歯と歯ぐきの間の磨き方歯と歯ぐきの間

歯と歯ぐきの間に、歯ブラシをななめ(45度)にあてる。

歯の表側に矯正装置をつけた場合の歯ブラシの選び方

歯ブラシは専用のものを使用する
表側矯正装置歯の表側は、矯正用の歯ブラシで磨くことをお勧め致します。

なぜ??
毛先の接触する面積が大きすぎると、矯正装置の細かい部分にあたらず、磨き残しをつくってしまいます。歯ブラシをあてにくい場所は、ワンタフトブラシを使いましょう。操作性がよく、歯に的確にあてることができます。

普通の歯ブラシしかありません…
普通の歯ブラシを使用する場合は、歯ブラシを縦に見て、毛束が縦2列になるように、はさみでカットするかペンチで抜いて使うことをお勧め致します。


歯の裏側に矯正装置をつけた場合の歯ブラシの選び方

歯ブラシはワンタフトブラシを使用する
裏側矯正装置歯の裏側は、1歯ずつ磨く方法が適していますので、ワンタフトブラシだけで磨くことをお勧め致します。

なぜ??
歯ブラシ全体を使って磨いてしまうと、矯正装置にあたり毛先が広がってしまい、磨きたい場所へあてることができません。

普通の歯ブラシしかありません…
普通の歯ブラシを使用する場合は、歯ブラシのつま先(毛の先端)だけを使って磨きましょう。


より効果的に汚れを落とす方法

歯ブラシの持ち方
  • 親指・人差し指・中指の3本の指で歯ブラシやワンタフトブラシなどの清掃道具を持つ。
  • 鏡を見ながら、歯ブラシをあてる。
  • 汚れが染まる「染め出し剤」を付けて磨く。(使用法については歯科医院でお聞き下さい。)
  • 磨き忘れを無くすために、順番を決めて磨く。
(例)歯の表側に矯正装置をつけたときの順番 ※下あごも同様に行ってください

1. 上あご右の頬側の奥歯から、上あご左の頬側の奥歯までを下記の順に磨く
歯と歯ぐきの隙間 → ブラケットの上部 → ブラケットの下部 → 歯と歯の間

2. 上あご右の裏側の奥歯から順に、上あご左の裏側の奥歯まで磨く

3. 上あご右・左の奥歯のかみ合わせを磨く

矯正装置を行っている場合の注意点

甘いものは控えましょう
  • 硬い食べ物(おせんべいなど)や歯にくっつきやすい食べ物(ガム・キャラメルなど)は、矯正装置の破損や変形などの恐れがありますので、控えましょう。
  • 甘い食べ物は、虫歯の原因となりやすいので、なるべく控えましょう。
  • 外出中またはどうしても時間が無いときは、デンタルリンスや水でうがいし、少しでも歯の汚れを落としましょう。
  • 時間をみつけて、一日に一度は丁寧に歯磨きをしましょう。

歯磨きは一人ひとりの歯並びや歯ぐきの状態によって、合った磨き方があります。歯科医師や歯科衛生士によるプロのチェックとサポートを受け、お口の健康を保ちましょう。



このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る