【成人矯正】マウスピース矯正の特徴と治療の流れ

ブラケットを使わない矯正治療- インビザライン・クリアアライナー -


■インビザラインでの歯列矯正の実際

インビザライン
マウスピース矯正は、従来から部分的な歯の移動に用いられることはありましたが、近年、「インビザライン」の登場により、トータルな歯列矯正の全体または大部分を透明なマウスピースでおこなうことが可能になりました。

■インビザラインの歴史と特徴
インビザラインは、「アライナー(=マウスピース)」の製作をCAD/CAM技術を利用しておこなうシステムのことで、昭和大学歯科矯正学教室の槇宏太郎教授により日本に導入されました。以来、昭和大学歯科病院は日本における最初のインビザライン治療・教育・研究機関であり、国内髄一のインビザラインによる治療をおこなっています。

インビザラインは、 治療の当初から終了までのアライナーの設計を治療開始時に一貫しておこなうため、本格的な歯列矯正をマウスピース矯正でおこなうのに適しています。
しかし現状ではマウスピース矯正は、ブラケット装置と比較した場合、制約があり、すべての症例がマウスピース矯正のみで治療が可能というわけではありません。
最近では、さまざまな工夫により、インビザライン(またはクリアアライナー)での歯列矯正の適応が拡大されています。適応可能な症例は、歯ならび・噛みあわせの状態により異なるので、詳細については、実際に、マウスピース矯正、アライナー治療の経験・症例豊富なドクターにご相談いただくのがいちばん良いと思います。

インビザラインの治療の流れ


1.インビザライン歯列矯正 最初のステップ 「初診相談-検査-診断」

「初診相談」から「診断」までのながれは通常の歯列矯正と同じです。しかしここまでのながれの中で、「インビザライン」「クリアライナー」または「審美的な、見えない矯正装置」での治療のご希望を必ずお伝えください。


マウスピース矯正での歯列矯正が決定したら...

↓
2.アライナー製作のための印象採取 「精密な歯列の型取り」

インビザラインの治療システムでは、最初に、治療の終了時までのアライナー(マウスピース)をアメリカに発注して製作します。そのため、装置製作に使用する歯列(歯ならび)の型を、精密なシリコン系印象材を使用して採得します。


オーダーメイドの装置の到着まで4〜5週程度です

↓
3.アライナーのお渡し・装着・歯列矯正の開始

2週間に一度、少しずつ形状を変化させた新しいアライナーに交換しながら歯を動かします。1日あたり20時間程度のアライナーの装着が必要です。アライナー1個につき0.25mmの歯の移動を行います。


最後のアライナーまで到達したら...

↓
4.歯列矯正終了時のチェック、保定観察(メインテナンス)

噛みあわせの状態によっては、微調整・仕上げのための追加のアライナー製作をおこないます。その場合再度精密印象の採得をおこないます。
歯列矯正が終了したら、保定観察(メインテナンス)を開始します。


※インビザライン単独では歯列矯正が不可能な場合には。

部分矯正と併用不正咬合の状態によっては、インビザライン・マウスピース矯正単独では歯列矯正できない場合があります。その場合には、見えない部分に部分的にブラケットを使用したり、治療の当初、または治療の終了時に短期的に全体にブラケットを装着するなどにより、歯列矯正の大部分をインビザラインで行うように工夫していきます。
※見えにくい位置に部分的にブラケットを用いるなど、さまざまな工夫をします。
院長 : 宮崎 芳和
資料提供
目黒青葉台矯正歯科クリニック
院長 : 宮崎 芳和
日本矯正歯科学会 認定医

このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る