TOP

矯正治療体験・症例特集 あなたの歯並び、ここまで変わる! 青山外苑矯正歯科

矯正治療体験・症例特集
あなたの歯並び、ここまで変わる!
青山外苑矯正歯科

「私のでこぼこの歯並び、どんなふうにキレイになるのかな?」
矯正治療はどのように治療するのか、どんな仕上がりになるのか、いろんなことが気になりますね。今回の特集では、皆さんが持っている歯並びのお悩みと矯正治療の方法について、症例写真でわかりやすくご紹介いたします!

矯正治療で歯並びは変わります

歯並びが気になって口を開けて笑えない、そんな悩みを抱えていませんか?
キレイな歯並びは、相手に清潔感や知的なイメージを与えるといわれています。
とはいえ、なかなか治療に踏み出せずにいる人もたくさんいます。
今回は、矯正治療によって、すでにキレイな歯並びを手に入れた人の治療前後の写真をご紹介します。
代表的な歯並びの写真をいくつかセレクトしたので、あなたに近い歯並びを探してみてください。
そして、治療後の写真を見て、あなた自身の歯並びがキレイになったところを想像してみましょう。
矯正治療を決心している方は、ご自分の歯並びに近い症例のほかに、希望する装置のタイプの治療前後もあわせて見比べてみてください。

みんなが持っている「歯並び」の悩み

ガタガタの歯並びや出っ歯、隙っ歯がTOP3

ガタガタの歯並びや出っ歯、隙っ歯がTOP3

矯正治療が必要な歯並び(不正咬合)は実に様々です。
指紋が一人ひとり違うように、あなたとまったく同じ歯並びの人はいないのです。
しかし、大きくタイプ別に分けることができます。右の図は、厚生労働省が発表した12歳~20歳の男女246名の前歯の調査結果です。
一番多いのがガタガタの歯並び(叢生・八重歯)、次いで出っ歯(上顎前突)、 隙っ歯(空隙歯列)となっています。
下のイラストを参考にあなたの歯並びタイプを見つけてみましょう。

  • 叢生 そうせい ( 八重歯 やえば乱くい歯 らんくいば )

    叢生(八重歯・乱くい歯)

    顎のスペースに歯が並びきらずに、歯並びがでこぼこしていたり、重なり合ったりしている状態。
    歯が重なり合ってると、歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病、口臭の原因になります。

    症例 [1][2][4][7]

  • 上顎前突 じょうがくぜんとつ ( 出っ歯 でっぱ )

    上顎前突(出っ歯)

    上の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎の歯全体が前に出ていたりする状態。
    歯並びが顔貌に著しい影響を与えるため、治療をすることで口元のラインが改善されます。

    症例 [1][4][6][7]

  • 開咬 かいこう

    開咬

    奥歯はかみ合ってても、前歯の上下は開いてかみ合わない状態。
    前歯で物を噛み切ることができません。発音にも大きく影響が出ます。放置すると開咬症状が進みやすいです。

    症例 [4][5]

  • 空隙歯列 くうげきしれつ

    空隙歯列

    顎の大きさに比べて歯が小さいことや、歯の数が少ないことが原因で隙間ができる状態。 食べ物が挟まりやすく、前歯だと隙間が目立ちやすい。また、ほかの不正咬合に比べて第一印象で損をしやすいです。

  • 下顎前突 かがくぜんとつ ( 受け口 うけぐち )

    下顎前突(受け口)

    下の歯が上の歯より前に出ている状態。「サ」行や「タ」行などの発音がしにくい場合があります。
    かみ合わせの影響で口元が下がった顔貌になり、怒っているように見られやすいです。

    症例 [3][5]

  • 過蓋咬合 かがいこうごう

    過蓋咬合

    下の前歯が見えないほどかみ込んでいる状態。歯肉を傷つけたり、かみ合った歯が消耗したりしやすいです。かみ合わせがロックされた状態になるため顎の関節を痛めやすいです。
    また、首筋や肩のコリなど、全身症状が出やすいです。
    症例 [7]

いろいろな歯並びの症例

外見上は似ている歯並びでも、詳細な検査結果や患者様のライフスタイルによって治療方法は様々です。治療を終えた患者様の症例について青山外苑矯正歯科(東京都港区)の横谷院長に解説いただきました。

【症例1】叢生・上顎前突×ハーフリンガル・アンカースクリュー

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
叢生、歯性上顎前突
費用
1,365,100円(税込)
内訳:基本料金1,188,000円(税込)+調整料
期間
2年1ヵ月
通院頻度
1~2ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:八重歯を治したい。上下の正中が左に寄っている。上顎前歯2本が目立つ。
診断:歯性上顎前突・正中左偏・上下歯列叢生

治療法

治療に用いた装置:上顎裏側・下顎裏側に装着するマルチブラケット装置(ハーフリンガル矯正)・アンカースクリュー(上顎口蓋側5・6間埋入)
抜歯の有無:抜歯あり(上下顎左右第1小臼歯)

治療結果

上顎前歯の突出が改善されエステティックライン(Eライン)も改善された。
上下正中が補正され顔貌の中央に正中が配列できた。
アンカースクリュー使用により上顎臼歯部近心移動が防げ、良好な咬合が維持された。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.矯正治療による歯の痛みがある。
2.アンカースクリューが脱落するリスクがある。
3.上顎舌側矯正なので発音が悪くなることがある。
4.左上2番が大きく内側に萌出していたので移動量が大きくこの部分の後戻りのリスクが高い。

【症例2】叢生×表側矯正

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
叢生
費用
1,029,000円(税込)
内訳:基本料金880,000円(税込)+調整料
期間
2年6ヵ月半
通院頻度
1~2ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:上顎のでこぼこ。八重歯を治したい。
診断:骨格性Ⅱ級(上顎骨過成長)(骨格性出っ歯)・歯性Ⅱ級第2類・上顎歯列の著しい叢生

治療法

治療に用いた装置:上下顎裏側に装着するマルチブラケット装置(表側矯正)・上顎側方拡大装置(Porter's expansion appliance)
抜歯の有無:抜歯あり(上顎左右2小臼歯)

治療結果

ポーターによる上顎側方拡大が達成することにより口腔内容積が広まり発音しやすくなった。
叢生の改善により咬合機能の著しい改善、良好な審美性が得られた。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.側方拡大治療は矯正力が強いので動かすことにより痛みが通常矯正より大きくなる可能性があった。
2.内側にある上顎側切歯を唇側に出す時点でブラックトイアングルが発生しやすいが良好であった。

【症例3】下顎前突×マウスピース矯正

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
下顎前突
費用
1,246,300円(税込)
内訳:基本料金1,210,000円(税込)+調整料
期間
2年8ヵ月
通院頻度
3ヵ月半に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:前歯が反対になっている(反対咬合)。
診断:骨格性ⅲ級(上顎骨過成長および下顎骨過成長)・前歯部反対咬合・過蓋咬合・上顎叢生

治療法

治療に用いた装置:マウスピース矯正
抜歯の有無:非抜歯

治療結果

前歯部反対咬合の改善が行われ、それに伴い顔貌の改善もみられた。
上顎前歯部叢生が改善され、適切なオーバーバイト、オーバージェットが得られた。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.マウスピースによる矯正治療なので装着時間を守っていただかないと治療経過が悪くなります。
2.前歯部反対咬合を改善する途中で上顎前歯と下顎前歯がぶつかって臼歯が咬みにくくなる時があります。
3.この時は柔らかい消化の良い食事などの工夫が必要になります。

【症例4】開咬・上顎前突・叢生(八重歯)×ハーフリンガル

  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
開咬・上顎前突・叢生
費用
1,342,350円(税込)
内訳:基本料金1,188,000円(税込)+調整料
期間
3年2ヵ月
通院頻度
1~2ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:噛み合わせを良くしたい・前歯でものが咬めない・上の歯が出ている・でこぼこを治したい
診断:骨格性上顎前突(下顎骨下後方回転)・骨格性開咬・叢生(八重歯)・9.8mmの上顎前歯突出

治療法

治療に用いた装置:上顎裏側、下顎表側に装着するマルチブラケット装置(ハーフリンガル)・上顎パラタルバー・上顎アンカースクリュー(TAD)使用(上顎6 7間埋入)
抜歯の有無:抜歯あり(上顎左右第1小臼歯)

治療結果

上顎臼歯をアンカースクリューによる圧下が行われ開咬の改善をした。また、臼歯圧下により下顎のオートローテーション(反時計回りの回転)が行われ、エステティックライン(Eライン)が改善され良好になった。
上顎第1小臼歯抜歯+アンカースクリューにより、上顎前歯前突および叢生が改善された。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.舌癖が強く、初診時から前歯部に動揺が認められたが治療後は安定した。
2.上顎は舌側矯正でしたので舌側歯・部歯間に腫張がみられた。現在は改善している(2022年9月現在)。
3.舌癖のため後戻りの確率が高いので注意深い予後観察必要である。

【症例5】開咬・下顎前突×表側矯正突

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
骨格性開咬および下顎前突(受け口)
費用
1,064,400円(税込)
内訳:基本料金880,000円(税込)+調整料・そのほか
期間
3年2ヵ月
期間
1~4ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:上下顎が前に出ている、前歯で咬めないのが気になる。
診断:下顎骨過成長による骨格性下顎前突・下顎枝の短く下顎角の開大による前歯部開咬

治療法

治療に用いた装置:上下表側に装着するマルチブラケット装置(表側矯正)・下顎用カリエール
抜歯の有無:非抜歯

治療結果

カリエールにより下顎臼歯の左下、遠心移動により下顎前突、開咬の改善が行われた。
マルチブラケット装置により咬合の確立が行われた。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.矯正治療による歯の痛みがでます。
2.舌癖により前歯部後方移動に時間がかかり治療期間が長くなりやすいです。
3.舌癖により後戻りしやすく長期の保定が必要。

【症例6】上顎前突×リンガル(裏側矯正/舌側矯正)

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
上顎前突
費用
1,712,100円(税込)
内訳:基本料金1458,000円(税込)+調整料
期間
2年6ヵ月
通院頻度
1~2ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:口元の突出感を治したい
診断:骨格性Ⅱ級(上顎骨過成長)・歯性上顎前突・7mm上顎前歯部突出・下顎前歯の叢生

治療法

治療に用いた装置:上下裏側(舌側)に装着するマルチブラケット装置(裏側矯正/舌側矯正)
抜歯の有無:抜歯あり(上下左右第1小臼歯)

治療結果

上下前歯の著しい突出が認められたが良好に改善した。
それに伴い顔貌の突出も改善され、エステティックライン(Eライン)も良好になった。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.矯正治療による歯の痛みがでます。
2.上下裏側矯正は、ほかの矯正治療に比べ発音がしにくく慣れるまで時間がかかります。
3.矯正器が壊れた場合、舌側に器具があるので舌を傷つける可能性があります。

【症例7】過蓋咬合・上顎前突・叢生×表側矯正

  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
  • 治療前
  •  
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療予測
  • 治療後
▽症例画像をもっと見る
△閉じる
治療名
過蓋咬合・上顎前突・叢生
費用
1,012,000円(税込)
内訳:基本料金880,000円(税込)+調整料・そのほか
期間
2年
通院頻度
1~2ヵ月に1回

治療内容

患者様の症状

主訴:前歯のでこぼこを治したい。噛み合わせが深いのを治したい。
診断:骨格性上顎前突・歯性上顎前突・前歯部過蓋咬合・叢生

治療法

治療に用いた装置:上下表側に装着するマルチブラケット装置(表側矯正)・アンカースクリュー
抜歯の有無:抜歯あり(上顎左右第2小臼歯)

治療結果

前歯部過蓋咬合は改善され適切な前歯部被蓋になった。
犬歯関係はⅠ級咬合になり、開閉口運動はスムーズになった。
顎の痛み、背中のはりが改善された。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療を行う上での注意点(リスク・副作用)

1.アンカースクリューが脱落することがあります(※今回、脱落はありませんでした)。
2.上顎前歯圧下時に歯根吸収のリスクがあります(※今回は認められませんでした)。

監修ドクターインタビュー 青山外苑矯正歯科 院長 横谷浩爾先生

矯正歯科医にとって大切なこと ―
患者様が何に対して思い悩んでいらっしゃるかを的確に知ることが大切。
何年も思い悩み勇気を奮っていらっしゃる患者様と家族のようにお話ししたいです。

初診のカウンセリングはとっても大切!

患者様に合った治療方法を提案するために大切なことは何でしょうか?
もちろん精密な検査も重要ですが、約2~3年の治療期間をより快適にすごすためにも、初診のカウンセリングはとても大切なんです。

職業や部活動、将来の夢…ライフスタイルによって異なるアプローチ

スポーツをしている方や、楽器を演奏している方、人から注目を浴びる職業の方など、患者様によって装置はもちろん違います。
たとえば、クラリネット奏者を目指していたある患者様は、一日の練習時間がとても長かったので最終的にマウスピース矯正をご提案しました。
また、競技の都合上、治療中も普段と変わらない見た目を希望されたフィギュアスケートの選手の方には目立たない裏側矯正をお勧めしたり、結婚式が近いある患者様には、前歯を動かしやすい表側矯正で治療いたしました。適した治療法は十人十色なのです。

当院では、患者様にとって「これがいい!」と思う治療法をご提案するために、初診のカウンセリングはじっくり時間をとって、悩みや将来の希望、生活習慣までしっかりヒアリングしています。夢や目標に向かって治療をされている患者様にとって、頼もしい応援団・サポーターでありたいと思いながら、お一人ひとり丁寧に診療しています。

キレイな歯並びのために… 装置を外した後も定期的なチェックを!

歯並びがキレイになったあと、装置を外して一旦終了ですが、キレイな歯を持続していただくためにも、年に数回は経過観察として来院していただきたいです。
「少し歯並びが戻っていないかチェックしたい」、「リテーナ―が壊れてしまった」といった、不安なことや、わからないことがあったら、たとえ最後の診療から時間がたったとしても、気兼ねなく相談していただきたいです。
久しぶりに実家に里帰りするような気持ちでご来院してほしいですね。

  • 初診のカウンセリングはとっても大切!

    ▲「カウンセリングや治療が終わったあと疑問がが残っていたり、不安なことがあれば、気軽にスタッフや私に声をかけてくださいね。」と横谷院長。

  • 初診のカウンセリングはとっても大切!

    ▲ 横谷浩爾先生(歯学博士)
    医療法人社団杏林会 青山外苑矯正歯科院長 理事長
    1993年 昭和大学歯学部歯学部卒業。
    昭和大学歯学部矯正科博士課程卒業後、 同大学助手、兼任講師を経て2003年に青山外苑矯正歯科を開院。

横谷院長のプロフィールはこちら >>
青山外苑矯正歯科 院長の歯列矯正日記>>

ご協力医院紹介 青山外苑矯正歯科

技術・衛生面・明るく楽しい診療室
より良い治療がうけられる環境をご用意してお迎えします

医院の詳細

ファッションやアートなど、世界のトレンドが集まり、国内外問わず全国からたくさんの人が集まる東京都港区南青山。ここに開業して以来、いろいろな悩みやライフスタイルの患者様と出会い、一緒に治療してまいりました。急なトラブルがあった時は緊急処置がとれる体制も整えております。
初診から治療後のアフターフォローまで、矯正歯科医院として、治療計画や仕上がりにご納得いいただける技術を提供するよう努めています。
海外や遠方の患者様や、職業やライフスタイルの都合上、「矯正治療が難しい」と思っていた方も、お気軽にご相談ください。

青山外苑矯正歯科 治療費のご案内

青山外苑矯正歯科 治療費のご案内
[初診 相談料]
初診カウンセリング無料
[検査・診断]
検査料金 22,000円(税込)
診断料金 11,000円(税込)
[基本料金]
部分矯正 253,000円~440,000円(税込)
表側矯 880,000円(税込)
裏側矯正 1,485,000円(税込)
マウスピース矯正 1,210,000円(税込)

※選択する装置により基本料金が異なります

費用の詳細はこちら >>

医院情報

住所 東京都港区南青山2-26-37 VORT外苑前Ⅰ8階
交通 東京メトロ銀座線 『外苑前駅』 より徒歩1分
TEL 03-3404-0418
診療時間 月・火・木・金曜 10:00 ~ 20:00
土曜 10:00 ~ 19:00
日曜 10:00 ~ 18:00
休診日 水曜・祝日