くにい歯科・矯正歯科 医院HP

くにい歯科・矯正歯科のホームページを見る

▼モバイル版はこちらモバイル版
こちらの医院情報を
携帯で確認できます。
くにい歯科・矯正歯科の診療案内

咬み合わせとは

咬み合わせとは、上顎と下顎の歯が接触することをいいます。咬み合わせの異常により、むし歯、歯周病、顎関節症、開口障害や、飲食物の咀嚼【そしゃく】や飲み込みが困難になるなど、多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬み合わせが求められます。

正常咬合

正常咬合

正常咬合【せいじょうこうごう】とは、上下の歯がきれいなU字のアーチで並んでおり、上下の咬み合わせがしっかり噛んでいる状態を言います。主なポイントは次の4つになります。

  • 上下の前歯の中心がまっすぐ揃っている。
  • 中心から2番目以降の歯は、1/2ずつずれている。
  • 上の歯が下の歯に2〜3ミリ重なっている。
  • 上の歯が下の歯より2〜3ミリ前に出ている。

不正咬合

叢生【そうせい】

治療前
治療後

顎が小さく、歯が生える場所が足りないため、個々の歯が出たり引っ込んだり重なっている状態です。重なっているところはブラッシングができないために虫歯や歯周病のリスクが上がります。
顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれていない場合に多く見られます。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

上顎前突【じょうがくぜんとつ】

治療前
治療後

上顎の歯列が前方に位置している状態の咬み合わせです。前歯で噛み切ることができなかったり、発音に影響する場合があります。上顎の前歯に押されて口唇が出ている場合があります。歯の位置や傾きの異常や、上顎骨または下顎骨の位置異常や、大きさの不調和によって起こっているものなどが考えられます。

治療結果は、患者様によって個人差があります。

開咬【かいこう】

治療前
治療後

上下の歯を奥歯で咬み合わせたとき、前歯や横の歯の間に隙間があいていて、噛むことのできない状態の咬み合わせです。
開咬であるために口腔周囲の悪習癖をつくりだし、またその悪習癖が開咬という形態をつくりだすという悪循環を繰り返します。
開咬は、前歯で食べ物を噛み切ることができないばかりでなく、正しい発音もできません。

治療結果は、患者様によって個人差があります。

お子様の矯正装置

小児矯正とは、顎骨が成長している子供の時期に行なう矯正のことです。
矯正自体は大人になってからでも可能ですが、子供の時期に矯正をすることにより、歯を抜かずにより良い治療が出来る場合があります。子供の時期は成長段階にあるので顎の成長をある程度コントロールできますので将来歯を抜かずに矯正を行なうことが出来るからです。

ページの先頭へ戻る

住所 320-0072
栃木県宇都宮市若草3-1-8

地図 地図を見る
ホームページ くにい歯科・矯正歯科
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間 月・火・水・金・土曜
9:30〜12:30 / 14:30〜19:00
木曜
9:30〜14:30
休診日 木曜午後・日曜・祝日
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です