名古屋イースト矯正歯科・藤が丘院 医院HP

愛知県名古屋市名東区明が丘124-2 amiami annexビル 地下1階

矯正歯科ネット相談室回答一覧

しずく さん [会社員 東京都 女性 29歳] 2018年07月06日15時19分

カテゴリー:
抜歯と非抜歯矯正
抜歯治療との違い
治療中

マウスピース専門医での矯正。現在左下456のブリッジ(5番欠損)、右上4番欠損でそこを塞ぐためともともと歯並びの悪さがあり矯正を始めることになりました。装置はマウスピースです。骨格性非対称もあるため、ドクターからは「非抜歯でマウスピース矯正後、左下5番と右上4番にインプラントなりブリッジをしたりするか、あるいは対称にもう2本抜いてマウスピースで詰めながら揃えるかどちらにしますか?」と聞かれています。左右のズレを少しでもよくするのなら抜歯矯正だけど時間がかかる、見た目をよくするなら非抜歯でも十分。と言われています。抜歯の場合マウスピースだとかなり大変なので他の装置も併用するそうです。
もともと出っ歯ではありませんが下顎が引っ込んでいるため少し歯が出てるように見えます。歯は小さいです。ドクターは健康な歯を少しでも抜きたくないから出来るだけ非抜歯を勧めてきますが、治療終了後上4番にブリッジをすることを考えると自費のため費用も高額です。(インプラントは考えていません)この場合はどちらが最善でしょうか?また、どっちの場合も見た目は大差ないと言われましたが本当でしょうか?抜歯矯正は老けるとも聞いてビビっています。

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です