りんさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

ディスキング0.5ミリ削ると言われました

上の前歯の一本が出ているため、部分矯正の歯医者さんに相談しにいきました。すると、上の前歯が出ている原因は下の前歯が押しているせいなので、上・下6本づつ0.5ミリディスキングすると言われましたが、そんなに削って大丈夫なのかと感じました。また少しずつではなく一度に削るらしいのですが、大丈夫なのかと心配です。

歯は絶対に抜きたくなかったので、床矯正をしている歯医者にも3件ほど相談しに行きました。27才なので装置を入れると痛みが出るのでかなりの気力がないとだめだし、ごはんを食べている時以外は、つけていないとだめ。少しでもつけていない時間帯があるとはめる時かなり痛いと言われました。しかし、次の歯科医院では、痛みはほとんどないし、1、2年で終わるし1日14時間はめて入ればOKだよと言われ同じ床矯正なのに、先生がおっしゃっている事が異なり、何が正しいのかわからなくなりました。
なんだか情報が多くて、どこの歯医者で治療をして頂くかとても迷います。

‐紂Σ爾之12本0.5ミリづつディスキングするというのはどのくらいリスクがあるものなのでしょうか?
通常、ディスキングは一度にするものなのでしょうか?
床矯正は27歳からすると痛みはかなりありますか?
せ間は14時間でも効果はありますか?

大事な歯なので、かなり迷っています。
お忙しいところ、アドバイスしをして頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

御相談内容拝見いたしました。

まず、床矯正というのは乳歯と永久歯が混在している混合歯列期(小学生低学年から高学年)に行う治療に使用する装置の名称です。
床矯正という別個の治療法はありませんし、成人が使用したところで正しい効果は得られません。
正しい勉強をした矯正専門の歯科医が成人に床矯正装置など使用しません。

また、上・下6本づつ0.5ミリディスキングをして、そのあとはどういった治療を行うのでしょうか?
ディスキング量はかなり大きいです。
ただ、大前提としてディスキング後の治療できちんと治るのかが問題です。

御相談に行かれている歯科が矯正専門とは思えません。
1件でも良いですので矯正専門の歯科医院でカウンセリングを受けられてください。
りん 様、読ませていただきました。

正直に記載させていただきます。りん様は実は抜きたくないという事をご自身が決めています。こういった場合は記載されているような方法という事になります。決定的な所をご自身が決めているという事です。

文面から判断すると前歯を並べる隙間がないと思います。そういった状態で歯を排列すれば出っ歯になるだけです。円周が大きくなって歯が並びます。そこでデイスキングしましょうという事になります。本来は抜歯が必要な症例ではないかと思います。

床矯正は子供に使用するような矯正装置です。これを成人に使用しても前に出すか内側に入れるかの単純な作用しかありません。ブラケット装着しての治療とは比べられません。また痛みについてですが個人差が大きくあります。同じ矯正力を加えても痛くないという患者様もいますが痛くてと言われる患者様もいます。この装置だから痛くないという事はありません。

ディスキングはエナメル質の範囲内で削るので痛みなどはありません。矯正では特別な事ではありませんが抜歯したほどの場所は作れません。効果そこまで望めません。一度に削るか?というのは症例によりますが。私は行っていません。歯の形が少しですが変わります。

取り外しのできる装置は時間に左右されます。成人の方にはお勧めしません。外している時間が長くなれば効果はありません。

上記の事で1から4までのお答えになるかと思います。

りん様は一般的な矯正歯科専門歯科医院に行かれた事がありますか?抜きたくないという事を最初に言われずに矯正歯科専門歯科医のカウンセリングだけでも受けられる事をお勧めします。抜歯が必要なのか?どうか?とか話してくれます。参考にされるとよいと思います。

実は部分矯正、床矯正の治療途中の患者様のセカンドオピニオンで来られた事があります。どちらも抜歯しなければ治らない症例でした。
部分矯正は奥歯に装置がないので前歯を後方に引っ張ることはできません。装置は前歯だけしか装着されていないので不可能です。

欧米人に比べて日本人は鼻の低い人が多いです。前歯部の排列にどれだけの場所が必要かによっては抜歯の必要があります。抜歯したくないのは患者様だけではなく矯正歯科医も同じです。抜歯しなかったために上下顎前突という新しい不正咬合になる事もありますのでご注意ください。

長文になってしまいました。矯正治療は一生に一度の治療です。治療が成功する事を祈っています。
りんさん
拝見致しました。
歯を絶対に抜きたくないというご要望が前提で、お返事致します。

‐絏6本に0.5mmずつのIPRは、Maxかもしれません。リスク的には1ヶ所0.5mmということは1歯で0.25mmです。エナメル質の厚さが1mmとしても、かなり削ることになります。削らずに済むのであれば、なるべく削らないことをお勧めしますが、抜歯の代償としては、仕方がないかもしれません。エナメル質が薄くなれば、むし歯になった時のリスクや歯周病のリスクなどは考えられます。

1度にすると大変でしょうから、数回、例えば上と下と2回とか分けた方がいいと、私は思います。

床矯正を大人で行った場合、痛みよりも、違和感や長時間の使用ができない、発音に支障がでることなど、考えられます。

14時間でも効果があるとは無いとかは、言い切れません。20時間くらいできる方が、予測実現性が高いのは事実です。

私としては成人で上下の床矯正は、コンプライアンスの面で大変だという感想です。たとえ気になっているのが1本の歯だとしても、部分矯正ではなく、全体的に矯正をすることで、抜歯をしなくても、ディスキングが回避できる方法もあります。
歯列の側方拡大や、大臼歯の後方移動等も考えられます。

いずれにしても、矯正専門医とじっくりご相談なさってください。
良い方向へ向かうことをお祈り致します。



相談を投稿する