とまとさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

ワイヤーの装着について

担当歯科医から充分な説明がなく、納得できなかったため処置について相談させてください。
叢生には満足しておりましたが口元の突出感が気になり、抜歯ありの裏側歯科矯正を開始しました。まず上にブラケットを装着し、この間に奥のブラケットが1個はずれました。1ヶ月半後に下にブラケットを装着し、この間に上のブラケットが奥3個はずれました。はずれたブラケットを確認していただいた際に、歯科衛生士から次回ははずれた分のブラケットを再度装着し、上下ともワイヤーを装着できると聞きました。(ブラケットが取れやすくても頬から引っ張る方法もあり、次回は必ずワイヤー装着可能と説明を受けた)
抜歯からワイヤーをつけるまでの日数が短い方が歯が動きやすいと聞いていたので、1週間前に4本抜歯しました(上側4番、下側5番)。しかし、訪問すると歯科医からブラケットが取れやすいのは噛み合わせが原因だから今回は下側しかワイヤーを入れることができない、1ヶ月半後に上側のワイヤーを入れると言われました。ここで下記4点教えていただけますでしょうか。

)榲に噛み合わせでブラケットが取れやすいのでしょうか。
噛み合わせ以外の要因(睡眠中の歯ぎしりや歯が小さくブラケットの装着が困難な点など)が大きいことは考えられないのでしょうか。
抜歯から1ヶ月半後にワイヤーを装着すると歯が動きづらく、治療に時間がかかってしまうのではないでしょうか。
2実Δ1ヶ月半後に上側のワイヤーをつけるのは適切なのでしょうか。どうして1ヶ月後ではだめなのでしょうか。(実際に尋ねると医師の判断なので、と一蹴されました)
ぅ屮薀吋奪箸取れやすくても上側のワイヤーを入れて欲しいと強く頼んだところ、上側1-3番のみワイヤーをつけられました。理由を聞くとブラケットの位置を調整するため、と説明を受けました。個人的には歯並び自体は凹凸なく、必要ないのではないかと感じるのですが、いかがでしょうか。

長々と面倒な質問を申し訳ございません。
初歩的なことかもしれませんが、素人には全く理由がわからず、納得できません。ご不明な点や説明不十分な点が多くお答えするのが難しいと思いますが、分かる範囲でご回答いただけますと幸いです。

読ませていただきました。

まず、治療を始めたばかりでは人によってブラケットが取れやすい事があります。時には複数個のブラケットが取れてくる事はあります。ただし最初だけです。あとは1つ、2つと言うのはその後もあります。リンガルブラケットを多く扱っている歯科医院でしょうか?リンガルブラケットは表側の治療とはまったく違う難しさがあります。先生が熟練しているか?と言った事を感じました。慣れているようでしたら今後は大丈夫だと思います。

まず全体的な事を記載しますと、ブラケットが取れる要因の一番は接着の強度です。歯の面をしっかり清掃し、乾燥して着けます。乾燥が不十分だと取れやすいです。そして接着させた時に位置決めをするのに時間を要するようですと接着剤の初期硬化が始まってしまいこれも脱落の原因になります。

噛み合わせからくるご心配ですが、噛んだ時に上下の歯のどちらかがブラケットとぶつかるような事がありましたか?ぶつかっているようなら外れる事はあります。噛む力は50kg近くありますからブラケットは外れてしまいます。上の歯のブラケットが外れたのは下の歯と噛んでいたのではないでしょうか?歯ぎしりなどで外れると言うのはまれな事です。歯ぎしりをして側方に歯を動かしたときにブラケットがぶつかり取れる事はあります。

抜歯後1か月半で歯が動きにくくなるという事はありません。確かに抜いて長期間そのままですと骨がやせてしまい粘膜も硬くなります。そうなると移動が困難になります。例えば入れ歯が入っていた所に歯を動かしてほしいと言われた事がありますが、それは無理ですとお断りした事があります。抜けてからの期間が長すぎるからです。

と嵬椶亮遡笋詫由がわかりません。私も部分的に入れる事はありますがほとんどは奥歯までワイヤーを伸ばして入れます。何か特別な理由があったのでしょうか?

読んでいて思ったのですがやはり説明がない事に対する不信感だと思いました。医師との相性もあるかと思いますが私も日々の診療で注意したいと思います。

長文になりご返事になったかどうかわかりませんが私の経験も入れて記載させて頂きました。

今後の治療が成功する事を祈っています。




相談を投稿する