そらさんの相談

カテゴリ:その他

矯正に関する本について

  • 投稿者 そら さん [24才 女性 無職] 2018/09/01/ 18:09
  • カテゴリー 外科矯正 その他 治療前
  • お悩みの歯 下あご右1番 下あご右2番 下あご右3番 下あご右4番 下あご右5番 下あご右6番 下あご右7番 下あご右8番 下あご左1番 下あご左2番 下あご左3番 下あご左4番 下あご左5番 下あご左6番 下あご左7番 下あご左8番

矯正歯科を紹介して頂いたのですが、その先生では『手術はできる。やいまよりきれいになれます。』など言ってくださるだけで具体的な事は大学の教授先生に聞いてみてと言われました。今の私は下顎変形症で親知らずが4本残っていて、何本か抜く歯があり、舌が人より大きく上の前歯が舌先で押している。という厄介な状態です。私はすべてのことに関して理解をしていません。
先生に聞きたいのですが、説明が淡々としているので私の方でも調べたいと考えています。病気関係の本を見たい場合は医大などの図書館を方があるんでしょうか?市の図書館じゃ専門的な本は見られないですよね?

※相談室では治療に関するお悩みを回答しています。特定の本の紹介ができかねるため、一部内容を修正・割愛しました(運営部)

読ませていただきました。

専門的な治療を得ようとする試みは素晴らしいと思いますが、直接歯科医に質問される事をお勧めします。

理由は歯科の専門用語は一般的な言葉と違います。また、矯正治療は大学を卒業してから長い年月研鑽を積まないとできません。それぐらいの事です。したがって一般の歯科医でも難しいかもしれません。一般的な方が理解するのは難しいと思います。従って専門という分野になります。用語を調べる程度ならインターネットの検索でも探せます。しかし、これも危険ではあります。直接歯科医にわからない事をお聞きになるのがよいと思います。

顎変形症で外科矯正の適応症だと判断した。そのために大学病院の教授あてに依頼書が出された。今度行くのだが行く前に事前に知識を入れておきたいという事ですね。

まず大学病院に行かれてもすぐに教授が出てくるとは限りません。まず最初に新患担当の歯科医が拝見して症状を説明してくれます。その後に担当医が決まりレントゲンなどの検査をします。さらにその約1か月後に診断と言う事になります。その時に初めてどの歯を抜いてどんな治療をするか?という説明があります。その都度わからない事をお聞きになればよいです。またどうして抜歯するか?など必ず説明してくれます。

治療が成功する事を祈っています。



相談を投稿する