ぽんずさんの相談

カテゴリ:抜歯について

過剰歯

  • 投稿者 ぽんず さん [36才 女性 会社員] 2015/09/20/ 01:45
  • カテゴリー 小児矯正 抜歯について 治療前
  • お悩みの歯 上あご右1番 上あご右2番 上あご左1番 上あご左2番 下あご右1番 下あご右2番 下あご左1番 下あご左2番

もうすぐ7歳の娘の件です。上の前歯2本が生え変わりましたが、隙間があるためレントゲンを撮ってみたところ、過剰歯があるために隙間が埋まらない事が分かりました。過剰歯を抜歯すれば、自然に隙間が埋まり、隣の歯が生えてくるスペースも出来るだろうとの事でした。隙間が埋まらない場合は、矯正で寄せると言われています。隙間は自然に埋まるでしょうか?
また、下の前歯2本は生え変わりましたが、両隣の歯が隙間不足のため、曲がって生えてきたため、隣の乳児の犬歯2本を抜き、スペースをが出来れば、曲がって生えてきた歯がまっすぐにはまってくるので、前歯4本を金具で固定して、奥歯の方に寄って行かないようにして、隙間を確保し、犬歯が生えてくるのを待つとの事でした。この治療法についても意見をお伺いしたいです。

ぽんずさんこんにちは、早速ですがご質問にお答えしたいと思います。
基本的には隙間は自然に埋まります。それは切歯(1番目の歯)の両隣にある側切歯(2番目の歯)が今は切歯の根の辺りにあって、徐々に切歯を押しながら生えてくるからです。したがって隙間の原因となっている過剰歯を抜歯すれば側切歯が生える頃には隙間は埋まるでしょう。ただし、側切歯の位置が大きくずれている場合その効果が見られない事があります。今通われている歯科医院の先生がレントゲンで確認されているのであれば大丈夫でしょう。
また下の前歯についてですが小児歯科ではそういった治療は一般的です。乳臼歯(乳歯の4、5番目の歯)より、そこに将来生えてくる小臼歯(永久歯の4、5番目の歯)の方が小さいのでその大きさの違いをうまく利用する方法です。歯の重なりが少ない場合は乳犬歯を抜かずに削ることもありますが、お子様の場合は抜くということですので重なりが大きかったのでしょう。
7歳で色々と処置をするのは大変だと思いますのでしっかりとサポートしてあげてください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除