スマイルさんの相談

カテゴリ:抜歯治療との違い

矯正後

もともと八重歯もあり少し出っ歯気味だったので非抜歯で約1年半矯正治療をし八重歯もなくなりとても綺麗に並んだのですが、わたしの場合歯茎ごと前に出てるという感じなので口の出っ張りがあまり変わっておらず、もう1度、抜歯での矯正をしたいと歯医者さんに相談したところ、今マウスピースを使っていて歯も立ってきているので今やるとただ歯が凹むだけで歯茎は変わらないと言われたのですが、今、抜歯矯正をしたとしてと歯茎の出っ張りは本当に変わらないものなのでしょうか?
長文ですみません。

スマイル 様

八重歯で出っ歯で非抜歯(歯を抜かなかった)というのは疑問です。

八重歯は元々は犬歯です。上のあごの歯は外側からはえてきます。そこではえる場所がない場合は上の位置で飛び出した状態でその位置に留まります。それが八重歯です。そしてさらに出っ歯だったのですね。

詳しい歯の傾斜角度、骨格の詳細なデータがないのでわかりません。これを前置きさせて頂いて一歩踏みだした記載をさせて頂くと現在は上下顎前突という状態だと思います。歯を並ぶだけの場所がなかった。なのに歯はどうして並んだのでしょうか?お考えになるとわかるかと思います。歯列を拡大したのです。歯列を横に広げて前に出した。その結果、並んだけど口もとが前にでて歯列が大きくなった。スマイル様に指摘されたので歯を後ろに傾斜させる努力を担当医の先生は今なさっているのだと思います。

最近こういった質問を受ける事が多いです。マウスピースでの矯正治療はマウスピースを新しい物に替えていきながら少しづつずらして排列していきます。そのために3次元なんですが、主に横と前に拡大して排列している事が多いようです。そのために最終段階で口もとが閉じくいとか噛めないと言った質問を受けます。装置の特性上、歯を抜いて治療する事が難しいのかもしれません。装置が歯全体をおおっているので上下で移動させる事が苦手なようです。

最初の状態はわかりませんが、もしかすると元々は抜歯症例だったかもしれません。現在行っている治療で満足が得られる事を祈っています。

私は歯を排列する場所がない、出っ歯で口もとを下げたい場合はやはり抜歯する事になります。患者様にとっては苦痛です。私どもにとっても決断の必要な事ですが、患者様の最終的な満足は得られます。

良い結果が得られる事を祈っています。

はじめましてスマイルさん。銀座矯正歯科の深沢と申します。
ご相談内容拝見致しました。

申し訳ありませんが直接お顔を拝見したわけではありませんし
資料もありませんので正確な事はわかりません。
ですが文面から症状を考えるとスマイルさんがおっしゃっている事はわかります。
私も腑におちませんね。

当然歯を抜いて前歯を中に入れていけば口元は改善します。
そして骨も歯と一緒に動いていくわけですから歯だけが凹むということは有り得ません。
歯茎の出っ張りが気になるのであれば当然前歯を舌側に移動させないといけません。
それには二つ方法があります。
一つは小臼歯を抜いて後ろへ入れる方法と
親知らずを抜いて歯列全体を後ろに移動する方法

いずれにしても前歯は後ろ側(舌側)に移動することになります。歯と一緒に歯根も移動しない限りは改善されません。

先生ともう一度よく話し合う事をアドバイスしたいのですが、
もしスマイルさんの話を取り合ってもらえないのでしたら
セカンドオピニオンをお受けになって下さい。

ただセカンドオピニオンもきちんとした医院へ行かれて下さいね。
セカンドオピニオンを患者獲得の為と考えている先生もいます。
率先して担当の先生を悪く言われたり、検査をすすめられるようでしたらそれはスマイルさんの事を考えてお話してくれる先生ではないと御考え下さい。

ご参考になれば幸いです。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除