はるままさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

11歳子供の骨格性反対咬合について。

こんにちは。
8歳より矯正をはじめ、ムーシールド1年ほど床矯正1年ほどで、今年外科手術だから成長が止まるまで様子見と言われました。
まだ乳歯が多く、生え変わりの途中ということと、普通より生え変わりが遅いと言われたので、まだ上顎成長の余地があると思うのですが。
こんなに早く外科手術決定なのでしょうか。

御相談内容拝見いたしました。

体の成長と歯のはえかわりの早い遅いは、それほど関係があるわけではありません。

しかしながら、将来的には外科手術になる可能性が高くても、まだ色々と出来ることはあるのではと思います。

矯正医の考え方も様々ですので、いくつか顎変形症の治療を行っている矯正専門の歯科へカウンセリングに行かれるべきです。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月08日19時38分
回答、ありがとうございます。
1件、セカンドオピニオンに行って来ました。
そちらでは、永久歯に生え変わるまで上顎を床矯正で広げて後に、デーモンシステムで矯正とのことでした。
現在の医院では、もう上顎は広がらないと聞いていたので本当に広がるのか、どちらが正しいのかわかりません。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月08日19時38分
回答、ありがとうございます。
1件、セカンドオピニオンに行って来ました。
そちらでは、永久歯に生え変わるまで上顎を床矯正で広げて後に、デーモンシステムで矯正とのことでした。
現在の医院では、もう上顎は広がらないと聞いていたので本当に広がるのか、どちらが正しいのかわかりません。
それは、単にでこぼこになることが予想される場合の治療方針です。
将来、外科手術になる可能性がある場合の治療方針とは違います。

上顎が前方に成長することと、側方に広がることは異なります。
いくら側方に拡大しても反対咬合は改善しません。

顎変形症の手術を行うことが出来る矯正歯科でのカウンセリングをお勧めいたします。
それは、単にでこぼこになることが予想される場合の治療方針です。
将来、外科手術になる可能性がある場合の治療方針とは違います。

上顎が前方に成長することと、側方に広がることは異なります。
いくら側方に拡大しても反対咬合は改善しません。

顎変形症の手術を行うことが出来る矯正歯科でのカウンセリングをお勧めいたします。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日08時48分
上顎の牽引や、チンキャップがいいのではと、現在かかっている医院に尋ねるましたが、「上顎の牽引は少ししか大きくならないわりに負担が大きい、チンキャップは意味がなく、使用すると顎がしゃくれてくる。外科のほうが保険もきくからよい。下の歯を内側に倒す矯正は根が顎のほうにでてきて、歯の寿命が短くなる。」 とのことでした。

セカンドオピニオンのところでは、歯は親知らず以外はできるだけ抜かない、外科矯正をさけられるかもとのことで期待していたのですが、すべて永久歯になるまで床矯正で上あごを広げるというのは意味がないということでしょうか?ネット検索でも反対咬合を床矯正とワイヤーで、外科なしで治した症例などでている医院があるのですが。

外科手術のできる医院で相談とのことですが、外科手術が出来る病院というのは、「その医院」でということでしょうか。
田舎で、どこも外科は大きいところに紹介みたいなのですが。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日08時48分
上顎の牽引や、チンキャップがいいのではと、現在かかっている医院に尋ねるましたが、「上顎の牽引は少ししか大きくならないわりに負担が大きい、チンキャップは意味がなく、使用すると顎がしゃくれてくる。外科のほうが保険もきくからよい。下の歯を内側に倒す矯正は根が顎のほうにでてきて、歯の寿命が短くなる。」 とのことでした。

セカンドオピニオンのところでは、歯は親知らず以外はできるだけ抜かない、外科矯正をさけられるかもとのことで期待していたのですが、すべて永久歯になるまで床矯正で上あごを広げるというのは意味がないということでしょうか?ネット検索でも反対咬合を床矯正とワイヤーで、外科なしで治した症例などでている医院があるのですが。

外科手術のできる医院で相談とのことですが、外科手術が出来る病院というのは、「その医院」でということでしょうか。
田舎で、どこも外科は大きいところに紹介みたいなのですが。
最初の医院の先生の見解は矯正を専門に勉強なされた見解として正しいかと思います。
2点、上顎骨の前方成長に関しては、まだ行う価値は十分あると思いますし、外科の方が保険がきくからというのは疑問がありますが。

外科矯正が必要な反対咬合は床矯正とワイヤーでは治りません。
治っている症例はそもそも外科矯正が不要な場合か、無理矢理反対咬合をなったかのようにカモフラージュした仕上がりのはずです。

顎変形症の手術を前提とした矯正治療が保険で治療可能なのが指定自立支援医療機関のみです。

少なくとも外科矯正の可能性があるのでしたら、このような医療機関での診療が良いかと思います。
最初の医院の先生の見解は矯正を専門に勉強なされた見解として正しいかと思います。
2点、上顎骨の前方成長に関しては、まだ行う価値は十分あると思いますし、外科の方が保険がきくからというのは疑問がありますが。

外科矯正が必要な反対咬合は床矯正とワイヤーでは治りません。
治っている症例はそもそも外科矯正が不要な場合か、無理矢理反対咬合をなったかのようにカモフラージュした仕上がりのはずです。

顎変形症の手術を前提とした矯正治療が保険で治療可能なのが指定自立支援医療機関のみです。

少なくとも外科矯正の可能性があるのでしたら、このような医療機関での診療が良いかと思います。
御相談内容拝見いたしました。

体の成長と歯のはえかわりの早い遅いは、それほど関係があるわけではありません。

しかしながら、将来的には外科手術になる可能性が高くても、まだ色々と出来ることはあるのではと思います。

矯正医の考え方も様々ですので、いくつか顎変形症の治療を行っている矯正専門の歯科へカウンセリングに行かれるべきです。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月08日19時38分
回答、ありがとうございます。
1件、セカンドオピニオンに行って来ました。
そちらでは、永久歯に生え変わるまで上顎を床矯正で広げて後に、デーモンシステムで矯正とのことでした。
現在の医院では、もう上顎は広がらないと聞いていたので本当に広がるのか、どちらが正しいのかわかりません。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月08日19時38分
回答、ありがとうございます。
1件、セカンドオピニオンに行って来ました。
そちらでは、永久歯に生え変わるまで上顎を床矯正で広げて後に、デーモンシステムで矯正とのことでした。
現在の医院では、もう上顎は広がらないと聞いていたので本当に広がるのか、どちらが正しいのかわかりません。
それは、単にでこぼこになることが予想される場合の治療方針です。
将来、外科手術になる可能性がある場合の治療方針とは違います。

上顎が前方に成長することと、側方に広がることは異なります。
いくら側方に拡大しても反対咬合は改善しません。

顎変形症の手術を行うことが出来る矯正歯科でのカウンセリングをお勧めいたします。
それは、単にでこぼこになることが予想される場合の治療方針です。
将来、外科手術になる可能性がある場合の治療方針とは違います。

上顎が前方に成長することと、側方に広がることは異なります。
いくら側方に拡大しても反対咬合は改善しません。

顎変形症の手術を行うことが出来る矯正歯科でのカウンセリングをお勧めいたします。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日08時48分
上顎の牽引や、チンキャップがいいのではと、現在かかっている医院に尋ねるましたが、「上顎の牽引は少ししか大きくならないわりに負担が大きい、チンキャップは意味がなく、使用すると顎がしゃくれてくる。外科のほうが保険もきくからよい。下の歯を内側に倒す矯正は根が顎のほうにでてきて、歯の寿命が短くなる。」 とのことでした。

セカンドオピニオンのところでは、歯は親知らず以外はできるだけ抜かない、外科矯正をさけられるかもとのことで期待していたのですが、すべて永久歯になるまで床矯正で上あごを広げるというのは意味がないということでしょうか?ネット検索でも反対咬合を床矯正とワイヤーで、外科なしで治した症例などでている医院があるのですが。

外科手術のできる医院で相談とのことですが、外科手術が出来る病院というのは、「その医院」でということでしょうか。
田舎で、どこも外科は大きいところに紹介みたいなのですが。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日08時48分
上顎の牽引や、チンキャップがいいのではと、現在かかっている医院に尋ねるましたが、「上顎の牽引は少ししか大きくならないわりに負担が大きい、チンキャップは意味がなく、使用すると顎がしゃくれてくる。外科のほうが保険もきくからよい。下の歯を内側に倒す矯正は根が顎のほうにでてきて、歯の寿命が短くなる。」 とのことでした。

セカンドオピニオンのところでは、歯は親知らず以外はできるだけ抜かない、外科矯正をさけられるかもとのことで期待していたのですが、すべて永久歯になるまで床矯正で上あごを広げるというのは意味がないということでしょうか?ネット検索でも反対咬合を床矯正とワイヤーで、外科なしで治した症例などでている医院があるのですが。

外科手術のできる医院で相談とのことですが、外科手術が出来る病院というのは、「その医院」でということでしょうか。
田舎で、どこも外科は大きいところに紹介みたいなのですが。
最初の医院の先生の見解は矯正を専門に勉強なされた見解として正しいかと思います。
2点、上顎骨の前方成長に関しては、まだ行う価値は十分あると思いますし、外科の方が保険がきくからというのは疑問がありますが。

外科矯正が必要な反対咬合は床矯正とワイヤーでは治りません。
治っている症例はそもそも外科矯正が不要な場合か、無理矢理反対咬合をなったかのようにカモフラージュした仕上がりのはずです。

顎変形症の手術を前提とした矯正治療が保険で治療可能なのが指定自立支援医療機関のみです。

少なくとも外科矯正の可能性があるのでしたら、このような医療機関での診療が良いかと思います。
最初の医院の先生の見解は矯正を専門に勉強なされた見解として正しいかと思います。
2点、上顎骨の前方成長に関しては、まだ行う価値は十分あると思いますし、外科の方が保険がきくからというのは疑問がありますが。

外科矯正が必要な反対咬合は床矯正とワイヤーでは治りません。
治っている症例はそもそも外科矯正が不要な場合か、無理矢理反対咬合をなったかのようにカモフラージュした仕上がりのはずです。

顎変形症の手術を前提とした矯正治療が保険で治療可能なのが指定自立支援医療機関のみです。

少なくとも外科矯正の可能性があるのでしたら、このような医療機関での診療が良いかと思います。
読ませて頂きました。

上顎骨前方牽引装置は使用しなかったのでしょうか?矯正歯科専門医院での治療でしょうか?

使用された装置は骨格にそれほど効果の高い装置ではありません。上顎骨の成長の時期は確かに11歳頃ですでに終わりに近づきます。従って今後下顎骨の成長時期がくる事を考えるとこれ以上の骨格的な改善は見られないと判断されたのだと推測できます。

もし通われていた歯科医院が矯正歯科専門医院でなければ育成、更生医療指定医療機関の指定を持つ矯正歯科専門病院へご相談に行かれてください。実際には外科手術をするという事はこの資格を持つ専門歯科医院での治療となります。年齢に達すれば保険で治療が可能になります。

11歳という年齢で判断されたという事はかなり骨格性の要素が強い反対咬合だと言う事だと思います。

まずは矯正歯科専門歯科医院でセカンドオピニオンを聞いてみてください。成長には個人個人での幅もあります。可能性はあるかもしれません。

治療が成功する事を祈っています。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日13時30分
濱田先生、福井先生回答ありがとうございます。
現在の医院は、矯正専門医院です。
今までやっていたことが骨格性のものには効果がないとのことで、なぜ最初から上顎牽引をしてくれなかったのか疑問です。
最初の治療方針には上顎牽引と書いてあったのに、ムーシールドと床矯正であっさり終了。あとは保険で経過観察になってしまって。
長期になるので、近くの医院にしてしまって後悔しています。
外科なしで、改善できるといっている医院も矯正専門で専門医の資格をもっている先生なので期待していたのですが、どうしていいのかわからなくなってきました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日13時30分
濱田先生、福井先生回答ありがとうございます。
現在の医院は、矯正専門医院です。
今までやっていたことが骨格性のものには効果がないとのことで、なぜ最初から上顎牽引をしてくれなかったのか疑問です。
最初の治療方針には上顎牽引と書いてあったのに、ムーシールドと床矯正であっさり終了。あとは保険で経過観察になってしまって。
長期になるので、近くの医院にしてしまって後悔しています。
外科なしで、改善できるといっている医院も矯正専門で専門医の資格をもっている先生なので期待していたのですが、どうしていいのかわからなくなってきました。
こういうことだと思います。

まずはるまま様は外科矯正を受け入れられるか?という事です。外科矯正手術は18歳以降で行うものです。それは成長が一段落ついた時点で行うからです。18歳になればそれ以後大きな成長がないという判断に基づきます。

外科矯正がすでに予想される。そしてそれがほぼ間違いないような状態なら無駄に装置を使用させて患者様に負担をかけるよりはその時期まで待つという事

もう一点は一途の望みをかけて上顎骨前方牽引装置、チンキャップなどを使用してみるというものです。ただし効果の判断は2年もすればわかると思います。それ以後ほとんど上下顎骨の前後的な位置関係に変化がない。効果がない。とても矯正だけでは無理だと言った場合にはその時点で外科矯正を考えてもよいという事です。13歳から15歳は一般的には下顎骨の成長時期になります。その事を考慮すると下顎前突(反対咬合)の改善は望めません。

専門医の中にも意見の相違は多少有ります。またチンキャップの効果についての意見は特にわかれます。

私ならと考えると、上顎骨前方牽引装置を使用します。時期は遅いですがこれを2年間使用してみて結論を出します。上顎骨前方牽引装置はファエイシャルマスクタイプと上顎骨前方牽引装置とチンキャップを併用したタイプのホルンタイプしかありません。いくつも種類があるわけではありません。2年後再評価、再診断を行ってみてその時点で何がベストか?何ができるかを決めます。上記記載事項は実際に患者様を拝見していないので詳細については確かではありませんが私が日常行っている事を記載しました。参考になればと思います。
こういうことだと思います。

まずはるまま様は外科矯正を受け入れられるか?という事です。外科矯正手術は18歳以降で行うものです。それは成長が一段落ついた時点で行うからです。18歳になればそれ以後大きな成長がないという判断に基づきます。

外科矯正がすでに予想される。そしてそれがほぼ間違いないような状態なら無駄に装置を使用させて患者様に負担をかけるよりはその時期まで待つという事

もう一点は一途の望みをかけて上顎骨前方牽引装置、チンキャップなどを使用してみるというものです。ただし効果の判断は2年もすればわかると思います。それ以後ほとんど上下顎骨の前後的な位置関係に変化がない。効果がない。とても矯正だけでは無理だと言った場合にはその時点で外科矯正を考えてもよいという事です。13歳から15歳は一般的には下顎骨の成長時期になります。その事を考慮すると下顎前突(反対咬合)の改善は望めません。

専門医の中にも意見の相違は多少有ります。またチンキャップの効果についての意見は特にわかれます。

私ならと考えると、上顎骨前方牽引装置を使用します。時期は遅いですがこれを2年間使用してみて結論を出します。上顎骨前方牽引装置はファエイシャルマスクタイプと上顎骨前方牽引装置とチンキャップを併用したタイプのホルンタイプしかありません。いくつも種類があるわけではありません。2年後再評価、再診断を行ってみてその時点で何がベストか?何ができるかを決めます。上記記載事項は実際に患者様を拝見していないので詳細については確かではありませんが私が日常行っている事を記載しました。参考になればと思います。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日10時35分
 福井先生、回答ありがとうございます。
 
 外科矯正は正直怖いです。 今のところ口を開けないと反対咬合とわからないので。 

 こればかりは、本人が気にして、どうしてもしたいといえば本人の意志で決めてもらうつもりです。
 今かかっている先生とも、前方牽引のこともう一度相談しようと思うのですが、今度から保険診療といわれている場合、できるのでしょうか?前方牽引は保険がききませんよね。

 また、手術するまでの期間の経過観察では、永久歯の歯並びが悪く生えてもなにもせず様子見るだけ、ということでしょうか?

 それなら、大きくなって手術することになってから、かかったほうが通院の手間がなくていいのですが。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日10時35分
 福井先生、回答ありがとうございます。
 
 外科矯正は正直怖いです。 今のところ口を開けないと反対咬合とわからないので。 

 こればかりは、本人が気にして、どうしてもしたいといえば本人の意志で決めてもらうつもりです。
 今かかっている先生とも、前方牽引のこともう一度相談しようと思うのですが、今度から保険診療といわれている場合、できるのでしょうか?前方牽引は保険がききませんよね。

 また、手術するまでの期間の経過観察では、永久歯の歯並びが悪く生えてもなにもせず様子見るだけ、ということでしょうか?

 それなら、大きくなって手術することになってから、かかったほうが通院の手間がなくていいのですが。
前方牽引は保険ではできません。通常の矯正治療です。今かかられている先生が上顎骨の成長時期を過ぎているので行っても無駄と言われるかも知れませんが、はるまま様が外科はしたくないと言われれば行うかもしれません。

前の文章で矯正だけで行うと言う先生がいたと書いてありました。その先生は使用するかも知れません。もしかすると外科矯正と矯正だけで治るボーダーライン上にある症例かもしれません。

外科手術も年々進歩しています。結果は悪くはありませんが、私どもの医院でも絶対に嫌だと言われる方もいます。最終的には患者様の意見は尊重します。何とか噛み合わせだけでも反対ではない状態にしますが無理な場合はお断りします。

外科矯正を行う場合は術前矯正をブラケットを着けてでこぼこなどを解消する治療をまず行います。手術したときにある程度は噛める状態を計画的に作ります。そして手術して今度は術後矯正を行います。一般的な矯正治療と同様に保定装置(リテーナー)は必要です。手術は成長が終わった18歳以後です。従って術前矯正は15,6歳ぐらいから始めて大学1年生の夏休みや、大学入学時に行う事が多いです。参考になれば幸いです。
前方牽引は保険ではできません。通常の矯正治療です。今かかられている先生が上顎骨の成長時期を過ぎているので行っても無駄と言われるかも知れませんが、はるまま様が外科はしたくないと言われれば行うかもしれません。

前の文章で矯正だけで行うと言う先生がいたと書いてありました。その先生は使用するかも知れません。もしかすると外科矯正と矯正だけで治るボーダーライン上にある症例かもしれません。

外科手術も年々進歩しています。結果は悪くはありませんが、私どもの医院でも絶対に嫌だと言われる方もいます。最終的には患者様の意見は尊重します。何とか噛み合わせだけでも反対ではない状態にしますが無理な場合はお断りします。

外科矯正を行う場合は術前矯正をブラケットを着けてでこぼこなどを解消する治療をまず行います。手術したときにある程度は噛める状態を計画的に作ります。そして手術して今度は術後矯正を行います。一般的な矯正治療と同様に保定装置(リテーナー)は必要です。手術は成長が終わった18歳以後です。従って術前矯正は15,6歳ぐらいから始めて大学1年生の夏休みや、大学入学時に行う事が多いです。参考になれば幸いです。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日12時46分
 福井先生、迅速な回答ありがとうございます。

 上顎牽引はもう一度相談してみようと思いますが、「歯だけでる」、または「猿のような上唇」になることはありますか?

 また、矯正だけでいけそうか、というのは検査しなくても口の中を見ただけでわかるものでしょうか?
セカンドオピニオンの先生のところでは、まだ検査をしていなくて、今かかっている医院のレントゲンを見せました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日12時46分
 福井先生、迅速な回答ありがとうございます。

 上顎牽引はもう一度相談してみようと思いますが、「歯だけでる」、または「猿のような上唇」になることはありますか?

 また、矯正だけでいけそうか、というのは検査しなくても口の中を見ただけでわかるものでしょうか?
セカンドオピニオンの先生のところでは、まだ検査をしていなくて、今かかっている医院のレントゲンを見せました。
猿のような口もとになったり、歯だけを動かすと言うことはありません。逆にそれは避ける事を考えるはずです。

ある程度経験のある先生なら見ればわかります。
猿のような口もとになったり、歯だけを動かすと言うことはありません。逆にそれは避ける事を考えるはずです。

ある程度経験のある先生なら見ればわかります。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日13時32分
 福井先生、いろいろ相談にのってくださってありがとうございました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日13時32分
 福井先生、いろいろ相談にのってくださってありがとうございました。
お子様の事です。じっくりお考えになってください。きっと良い方法が見つかります。頑張ってください。
お子様の事です。じっくりお考えになってください。きっと良い方法が見つかります。頑張ってください。
読ませて頂きました。

上顎骨前方牽引装置は使用しなかったのでしょうか?矯正歯科専門医院での治療でしょうか?

使用された装置は骨格にそれほど効果の高い装置ではありません。上顎骨の成長の時期は確かに11歳頃ですでに終わりに近づきます。従って今後下顎骨の成長時期がくる事を考えるとこれ以上の骨格的な改善は見られないと判断されたのだと推測できます。

もし通われていた歯科医院が矯正歯科専門医院でなければ育成、更生医療指定医療機関の指定を持つ矯正歯科専門病院へご相談に行かれてください。実際には外科手術をするという事はこの資格を持つ専門歯科医院での治療となります。年齢に達すれば保険で治療が可能になります。

11歳という年齢で判断されたという事はかなり骨格性の要素が強い反対咬合だと言う事だと思います。

まずは矯正歯科専門歯科医院でセカンドオピニオンを聞いてみてください。成長には個人個人での幅もあります。可能性はあるかもしれません。

治療が成功する事を祈っています。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日13時30分
濱田先生、福井先生回答ありがとうございます。
現在の医院は、矯正専門医院です。
今までやっていたことが骨格性のものには効果がないとのことで、なぜ最初から上顎牽引をしてくれなかったのか疑問です。
最初の治療方針には上顎牽引と書いてあったのに、ムーシールドと床矯正であっさり終了。あとは保険で経過観察になってしまって。
長期になるので、近くの医院にしてしまって後悔しています。
外科なしで、改善できるといっている医院も矯正専門で専門医の資格をもっている先生なので期待していたのですが、どうしていいのかわからなくなってきました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月09日13時30分
濱田先生、福井先生回答ありがとうございます。
現在の医院は、矯正専門医院です。
今までやっていたことが骨格性のものには効果がないとのことで、なぜ最初から上顎牽引をしてくれなかったのか疑問です。
最初の治療方針には上顎牽引と書いてあったのに、ムーシールドと床矯正であっさり終了。あとは保険で経過観察になってしまって。
長期になるので、近くの医院にしてしまって後悔しています。
外科なしで、改善できるといっている医院も矯正専門で専門医の資格をもっている先生なので期待していたのですが、どうしていいのかわからなくなってきました。
こういうことだと思います。

まずはるまま様は外科矯正を受け入れられるか?という事です。外科矯正手術は18歳以降で行うものです。それは成長が一段落ついた時点で行うからです。18歳になればそれ以後大きな成長がないという判断に基づきます。

外科矯正がすでに予想される。そしてそれがほぼ間違いないような状態なら無駄に装置を使用させて患者様に負担をかけるよりはその時期まで待つという事

もう一点は一途の望みをかけて上顎骨前方牽引装置、チンキャップなどを使用してみるというものです。ただし効果の判断は2年もすればわかると思います。それ以後ほとんど上下顎骨の前後的な位置関係に変化がない。効果がない。とても矯正だけでは無理だと言った場合にはその時点で外科矯正を考えてもよいという事です。13歳から15歳は一般的には下顎骨の成長時期になります。その事を考慮すると下顎前突(反対咬合)の改善は望めません。

専門医の中にも意見の相違は多少有ります。またチンキャップの効果についての意見は特にわかれます。

私ならと考えると、上顎骨前方牽引装置を使用します。時期は遅いですがこれを2年間使用してみて結論を出します。上顎骨前方牽引装置はファエイシャルマスクタイプと上顎骨前方牽引装置とチンキャップを併用したタイプのホルンタイプしかありません。いくつも種類があるわけではありません。2年後再評価、再診断を行ってみてその時点で何がベストか?何ができるかを決めます。上記記載事項は実際に患者様を拝見していないので詳細については確かではありませんが私が日常行っている事を記載しました。参考になればと思います。
こういうことだと思います。

まずはるまま様は外科矯正を受け入れられるか?という事です。外科矯正手術は18歳以降で行うものです。それは成長が一段落ついた時点で行うからです。18歳になればそれ以後大きな成長がないという判断に基づきます。

外科矯正がすでに予想される。そしてそれがほぼ間違いないような状態なら無駄に装置を使用させて患者様に負担をかけるよりはその時期まで待つという事

もう一点は一途の望みをかけて上顎骨前方牽引装置、チンキャップなどを使用してみるというものです。ただし効果の判断は2年もすればわかると思います。それ以後ほとんど上下顎骨の前後的な位置関係に変化がない。効果がない。とても矯正だけでは無理だと言った場合にはその時点で外科矯正を考えてもよいという事です。13歳から15歳は一般的には下顎骨の成長時期になります。その事を考慮すると下顎前突(反対咬合)の改善は望めません。

専門医の中にも意見の相違は多少有ります。またチンキャップの効果についての意見は特にわかれます。

私ならと考えると、上顎骨前方牽引装置を使用します。時期は遅いですがこれを2年間使用してみて結論を出します。上顎骨前方牽引装置はファエイシャルマスクタイプと上顎骨前方牽引装置とチンキャップを併用したタイプのホルンタイプしかありません。いくつも種類があるわけではありません。2年後再評価、再診断を行ってみてその時点で何がベストか?何ができるかを決めます。上記記載事項は実際に患者様を拝見していないので詳細については確かではありませんが私が日常行っている事を記載しました。参考になればと思います。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日10時35分
 福井先生、回答ありがとうございます。
 
 外科矯正は正直怖いです。 今のところ口を開けないと反対咬合とわからないので。 

 こればかりは、本人が気にして、どうしてもしたいといえば本人の意志で決めてもらうつもりです。
 今かかっている先生とも、前方牽引のこともう一度相談しようと思うのですが、今度から保険診療といわれている場合、できるのでしょうか?前方牽引は保険がききませんよね。

 また、手術するまでの期間の経過観察では、永久歯の歯並びが悪く生えてもなにもせず様子見るだけ、ということでしょうか?

 それなら、大きくなって手術することになってから、かかったほうが通院の手間がなくていいのですが。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日10時35分
 福井先生、回答ありがとうございます。
 
 外科矯正は正直怖いです。 今のところ口を開けないと反対咬合とわからないので。 

 こればかりは、本人が気にして、どうしてもしたいといえば本人の意志で決めてもらうつもりです。
 今かかっている先生とも、前方牽引のこともう一度相談しようと思うのですが、今度から保険診療といわれている場合、できるのでしょうか?前方牽引は保険がききませんよね。

 また、手術するまでの期間の経過観察では、永久歯の歯並びが悪く生えてもなにもせず様子見るだけ、ということでしょうか?

 それなら、大きくなって手術することになってから、かかったほうが通院の手間がなくていいのですが。
前方牽引は保険ではできません。通常の矯正治療です。今かかられている先生が上顎骨の成長時期を過ぎているので行っても無駄と言われるかも知れませんが、はるまま様が外科はしたくないと言われれば行うかもしれません。

前の文章で矯正だけで行うと言う先生がいたと書いてありました。その先生は使用するかも知れません。もしかすると外科矯正と矯正だけで治るボーダーライン上にある症例かもしれません。

外科手術も年々進歩しています。結果は悪くはありませんが、私どもの医院でも絶対に嫌だと言われる方もいます。最終的には患者様の意見は尊重します。何とか噛み合わせだけでも反対ではない状態にしますが無理な場合はお断りします。

外科矯正を行う場合は術前矯正をブラケットを着けてでこぼこなどを解消する治療をまず行います。手術したときにある程度は噛める状態を計画的に作ります。そして手術して今度は術後矯正を行います。一般的な矯正治療と同様に保定装置(リテーナー)は必要です。手術は成長が終わった18歳以後です。従って術前矯正は15,6歳ぐらいから始めて大学1年生の夏休みや、大学入学時に行う事が多いです。参考になれば幸いです。
前方牽引は保険ではできません。通常の矯正治療です。今かかられている先生が上顎骨の成長時期を過ぎているので行っても無駄と言われるかも知れませんが、はるまま様が外科はしたくないと言われれば行うかもしれません。

前の文章で矯正だけで行うと言う先生がいたと書いてありました。その先生は使用するかも知れません。もしかすると外科矯正と矯正だけで治るボーダーライン上にある症例かもしれません。

外科手術も年々進歩しています。結果は悪くはありませんが、私どもの医院でも絶対に嫌だと言われる方もいます。最終的には患者様の意見は尊重します。何とか噛み合わせだけでも反対ではない状態にしますが無理な場合はお断りします。

外科矯正を行う場合は術前矯正をブラケットを着けてでこぼこなどを解消する治療をまず行います。手術したときにある程度は噛める状態を計画的に作ります。そして手術して今度は術後矯正を行います。一般的な矯正治療と同様に保定装置(リテーナー)は必要です。手術は成長が終わった18歳以後です。従って術前矯正は15,6歳ぐらいから始めて大学1年生の夏休みや、大学入学時に行う事が多いです。参考になれば幸いです。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日12時46分
 福井先生、迅速な回答ありがとうございます。

 上顎牽引はもう一度相談してみようと思いますが、「歯だけでる」、または「猿のような上唇」になることはありますか?

 また、矯正だけでいけそうか、というのは検査しなくても口の中を見ただけでわかるものでしょうか?
セカンドオピニオンの先生のところでは、まだ検査をしていなくて、今かかっている医院のレントゲンを見せました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日12時46分
 福井先生、迅速な回答ありがとうございます。

 上顎牽引はもう一度相談してみようと思いますが、「歯だけでる」、または「猿のような上唇」になることはありますか?

 また、矯正だけでいけそうか、というのは検査しなくても口の中を見ただけでわかるものでしょうか?
セカンドオピニオンの先生のところでは、まだ検査をしていなくて、今かかっている医院のレントゲンを見せました。
猿のような口もとになったり、歯だけを動かすと言うことはありません。逆にそれは避ける事を考えるはずです。

ある程度経験のある先生なら見ればわかります。
猿のような口もとになったり、歯だけを動かすと言うことはありません。逆にそれは避ける事を考えるはずです。

ある程度経験のある先生なら見ればわかります。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日13時32分
 福井先生、いろいろ相談にのってくださってありがとうございました。
  • はるまま(45歳 女性 主婦 )
  • 2017年05月10日13時32分
 福井先生、いろいろ相談にのってくださってありがとうございました。
お子様の事です。じっくりお考えになってください。きっと良い方法が見つかります。頑張ってください。
お子様の事です。じっくりお考えになってください。きっと良い方法が見つかります。頑張ってください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除