ぽん子さんの相談

カテゴリ:抜歯治療との違い

非抜歯からの抜歯

現在22才の女です。
去年の5月ごろから非抜歯(下の親知らずは斜めに生えてきていたので2本とも抜歯済みで、上の2本は正常に生えているので抜いていません)での矯正を始めました。矯正前の歯並びは上の前歯が若干出っ歯気味で八重歯が目立っていて、下の歯は前歯がちょっとがたついていました。
上顎を急速拡大装置で広げてからだったので、ブラケットを付けたのは今年の1月です。下の歯はまだブラケットをつけておらず、内側に倒れた奥歯を起こす装置?をつけていますが、だいぶ起き上がってきたのでもうすぐ下の歯にもブラケットを装着すると思います。
3カ月ほど前から非抜歯では悩みである上の歯の出っ歯はましにはなっても完全には治らないのではないかと思い抜歯矯正に切り替えようか悩んでいます。
いま治療してくださっている歯医者さんは希望すれば抜歯矯正に切り替えてくれるとさ思いますがなるべく非抜歯での矯正を勧めています。
自分で色々調べて見ても抜歯矯正をすると法令線が深くなったり人中が長く見えるようになったというのをみてなかなか踏み切れません。
また、もともと前歯は上の歯が出っ歯気味で噛み合わせは悪かったのですが、上顎の歯列を拡大したために前はそんなこともなかったのに側面の噛み合わせも合わなくなり食事がしづらくストレスです。
次の調整日で通っている歯医者さんと話し合おうとは思っていますが、それまでに他の歯医者さんの意見も聞きたいと思い投稿しました。

読ませていただきました。

抜歯するとほうれい線が深くなるというご質問を時々目にします。しかし、抜歯して前歯を後方に移動して横顔がきれいになったり、口が閉じやすくなったりというメリットもかなりあると思います。歯が出ているために唇が閉じずらく歯肉が乾燥して歯周病やう蝕になりやすくなる事もあります。

記載されている内容を読ませていただくと、抜歯、非抜歯はぽん子様の意見が反映された結果でしょうか?矯正歯科医の診断ではどうなのでしょうか?口元が若干出っ歯気味で八重歯だとすると、排列のために側方への拡大は必要になります。その結果記載されているような現象も納得できます。

私はぽん子様は抜歯しての矯正治療の適応症であったのではないか?と思います。成人の側方拡大量には限界があります。また後戻りも気になります。口元も期待したほどの改善はないのでは?と心配です。次回行かれた時に先生の診断ではどうだったのか?率直な意見交換をされる事をお勧めします。

私は抜歯、非抜歯のボーダーラインケースの場合はご本人の意見を反映させます。それでもどうしても抜きたくないという場合はそのデメリットを説明させてもらうか、場合によってはお断りします。それが経験上よい結果にならないと判断できた時です。歯は無理をすれば並べる事はできます。それが患者様にとって本当によかったのか?を考えます。

治療が成功する事を祈っています。
御相談内容拝見いたしました。

抜歯を希望すれば切り替えてくれるのだととすれば、何が何でも非抜歯でという先生ではないようです。
そもそもの話ですが、矯正担当医が非抜歯を進めている理由をきちんとお聞きになってください。

他に気になる点として上顎のみ急速拡大すれば当然、側方歯は幅があわなくなりかみにくくなります。
下顎は急速拡大のような拡大方法はありませんので、今後きちんとかみうようになるのかお聞きになってください。

もう一点、上顎を急速拡大して八重歯を並べれば顔が大きく見えるようになると思います。

矯正治療を始めようと思われた動機をもう一度きちんと整理されてから、お話し合いをされたほうが良いのではと思います。
 ご相談ありがとうございます。
矯正歯科治療を抜歯治療で行うか非抜歯で行うかは治療に入る前の診断で相談の上決定されたと思います。
 まして、非抜歯で行うために急速拡大装置を装着されたにもかかわらず患者様の思い1つで方針を変更されるのはどうなのかな?と思います。
 くれぐれも主治医と良くどちらの治療法が適応症なのかご相談ください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除