歯列矯正用ワックスの使い方(痛みの緩和、装置破損の応急処置など)

矯正用ワックス(リリーフワックス/歯科矯正用粘膜保護剤)とは

矯正用ワックス
▲ 矯正用ワックス
お口の粘膜や口内炎に矯正装置があたって痛むとき、矯正医に相談すると、矯正用のワックスを紹介されることがあります。

矯正用ワックスの用途

  • ワイヤーやブラケットが口の粘膜や歯茎にあたって痛い
  • 装置に慣れていない時、ブラケットが唇にひっかかって喋りにくい
  • 装置がとれた時の応急処置 (状況による)

値段・購入方法

矯正用ワックスは、いろいろなメーカーから発売されており、ちぎって使うワックスタイプのものや、時間がたつと固まるシリコンタイプなどがあり種類が豊富です。値段は商品によって幅があり、100円〜1000円程度です。矯正歯科治療を行なっている歯科医院で取り扱っていることが多いので、担当の先生に適したタイプや使用方法のコツを聞いてみましょう。

装置が粘膜、口内炎にあたって痛いときの使い方

※このページでは、ワックスタイプの使い方をご紹介します。


小豆大に丸めた矯正用ワックス
STEP1 適量(豆粒大)をちぎって丸める

まずは手を洗って清潔にしましょう。鏡があると正しい位置にワックスを乗せやすいです。
次に、ブラケットや痛みの原因になっている装置の部分をしっかり包めるくらいの大きさ(小豆くらい〜)になるように、ワックスをちぎって、丸く形を整えます。

STEP2 ワックスをつけたい装置のまわりを軽く乾かす

できれば歯磨き後が望ましいです。ブラケットが唾液で濡れていたり、歯が歯垢で汚れていると、ワックスが滑ってつきにくくなります。
ワックスをつけたいブラケットとそのまわりを、ティッシュなどで拭いて水分を拭います。奥歯は、粘膜があたってすぐに濡れやすいので、ワックスを持たない手の指でお口の中を外側に引っ張って、ブラケットの回りに空間をつくるとよいでしょう。

矯正用ワックス装着後
STEP3 ワックスをブラケットに押し付けて固定する

カバーしたいブラケット(またはワイヤー)に、ワックスを軽く押し付けます。ブラケットの凹凸にワックスが入り込むようにゆっくり押して、そっと指から離します。
ブラケットにつける場合、両端のワイヤーまでワックスで包むようにつけると、とれにくいです。押し付けすぎると、ワックスが切れたり、崩れたりします。
ご利用のワックスに慣れるため、つけやすい前歯で練習するのも良いでしょう。

[応用編] こんなトラブルにも…

ブラケットが外れたり、ワイヤーが切れて装置が破損してたら、まずは担当医に連絡しましょう。
医院に行くまでのあいだ、破損した装置がお口に当たって痛む時は、刺激の原因となっている装置をワックスで覆って、不快感を緩和する応急処置することもできます。

ブラケットが外れた時の応急処置
ブラケットが外れたときの応急処置

矯正中にブラケットが歯から外れることがあります。ブラケットは、ゴムや細いリガチャーワイヤー(結紮線)で、アーチワイヤに留めているので、落ちることはあまりありませんが、ブラケットの位置がズレて不快な場合などは、ワックスでブラケットとワイヤーを固定します。ブラケットがワイヤーからも外れて、落ちてしまった場合は、保管するか破棄するか担当医に確認しましょう。

矯正用ワックス Q&A

Q:誤って飲み込んでしまいました。大丈夫ですか?

ブラケットにつける程度の少量であれば、心配はありません。しかし、商品によっては、誤飲による窒息を防ぐため食事や睡眠時に外すよう説明書に記載しているものもあります。不明な点は担当医に確認しましょう。また、小さなお子様やペットが誤って食べないように、十分に管理・保管しましょう。

Q:再利用できますか?

短時間で取れてしまったワックスをつけ直すことは問題ありませんが、一般的な矯正用ワックスは長時間の使用を目的としていません。衛生的にも好ましくないため、食事や就寝時に取り外したものや、長時間装着したワックスの再利用はやめましょう。

Q:ワックスがベタついて、うまくつけられません。

商品、材料によって、柔らかいものやベタつきがあるものなど、使用感に差はあります。手にくっつきやすい場合は、少し指先を濡らすと形が整えやすくなります。ワックスタイプは温度によって柔らかさが変わる性質があります。保管場所の温度によって使用感が変わることがあるので、少し冷やしたり、手の暖かさで柔らかくしたりして調節してみましょう。

※使用方法は商品によって異なる場合があります。詳細は担当医に確認しましょう。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生