美しい口元の基準のひとつ Eライン(エステティックライン)

側貌の鼻の先端と顎の先端をつないだライン

■美しい横顔の基準 「Eライン」

エステティックライン
▲理想的なEライン
横からみた人の顔(側貌)の鼻の先(鼻尖)と顎の先(オトガイ)を結んだ線のことをEライン(エステティックライン:Esthetic line)といいます。顔貌の審美観(美しさ)、美的調和を評価する基準で、治療目標の目安のひとつでもあります。
Eラインは、矯正治療の検査の1つ「セファログラム(頭部X線規格写真)」や、顔貌の写真をもとに調べます。

「好ましい顔貌・側貌」に対する基準は、人種や国籍によって若干異なりますが、Eラインを発表したアメリカの矯正歯科医であるDr.ロバート・リケッツは、美しい横顔のEラインの定義について「上下の唇がEラインに触れずに、少し後ろの位置にある」と提唱しています。

■日本人のEラインの特徴

一般的に日本人は、欧米人と比較して鼻筋が低いため「好ましい側貌」の基準が上記の定義と若干異なります。欧米の人ではEラインよりもやや後ろの位置に唇があることが望ましいのに対して、日本人の場合、Eラインと上下の唇の先端が接した状態にあることが好ましいといわれています。

■不正咬合とEライン

出っぱ(上顎前突)や受け口(下顎前突・反対咬合)などの不正咬合とEラインは関連しており、不正咬合を改善することで、Eラインを改善することができます。(※症状によって個人差があります。)

例えば、出っ歯の患者さんのEラインを見ると、唇の先端はEラインよりも前に出ているため、理想とされる側貌と比較すると口元が前に突き出て見えます。
矯正治療は不正咬合を改善し、歯並びやかみ合わせだけでなく、側貌を好ましいかたちに改善することも目的の一つです。

なお、Eラインは必ずしも矯正治療のみで改善されるわけではありません。たとえば、歯並びに問題がないのに唇の位置がEラインよりも前にあるケースでは、鼻の高さや顎の骨などの骨格的な要因もあります。Eラインはあくまで矯正治療の診断基準の1つとしてとらえることが望ましいでしょう。


■治療前と治療後のEラインの変化 Eライン


上記のイラストは、出っぱ(上顎前突)の改善と口元の変化を表したものです。出っぱを改善することで、側貌も改善されています。

制作:矯正歯科ネット


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ