目立たない、取り外せる矯正装置(1) 〜マウスピース矯正の特徴〜 

歯に固定させるワイヤーを使わない「マウスピース矯正」について解説と治療例をご紹介します。


1. 透明度が高くて目立たない、取り外しができる「マウスピース矯正」

インビザライン
▲ マウスピース矯正装置

一定期間ごとに
自分で装置を交換!着脱可能な矯正装置

歯に固定させるワイヤーやブラケットを使わず、取り外しができるマウスピース型の装置で歯を動かす矯正法があり、その装置の形状から「マウスピース矯正」と呼ばれています。

透明度が高くて薄いプラスチックでできているので、目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。また、食事や歯磨きの際は自分で取り外すことができます。

綺麗な歯並びに憧れます

こんな人に知ってほしい!マウスピース矯正

「装置がずっと歯についていることに抵抗がある」
「仕事柄、装置が見えるのはNG」
「矯正していることを、あまり人に気づかれたくない」

見た目や違和感に抵抗があって、今まで治療に躊躇していた人にとって、マウスピース矯正は矯正治療の一歩を踏み出す治療法の一つになるでしょう。

2.他の矯正法とマウスピース矯正の違い

矯正装置には、歯に接着したブラケットとワイヤーで歯を動かす「マルチブラケット装置」と、マウスピース型の装置(アライナー)を段階的に交換して歯を動かす「マウスピース矯正」があります。それぞれの治療法の特徴をご紹介します。
マウスピース矯正 マルチブラケット装置
(表側矯正)
マルチブラケット装置
(裏側矯正)
マウスピース矯正 表側矯正 裏側矯正
特徴
薄くて透明度が高いマウスピース型で、目立ちません。取り外し可能ですが、食事や歯磨き以外の時間はずっと装着します。メーカーにより適応できる症例が異なります。
特徴
従来から歯列矯正に使用されているベーシックな装置。幅広い不正咬合の歯列矯正に適応できます(骨格的な不正咬合、顎変形症を除く)。装置は周囲の人から見えます。
特徴
ブラケットとワイヤーを歯の裏側につけるので、装置は歯に隠れて見えません。装着に手間がかかり、特殊な方法なので、費用は高めで、担当医の裏側矯正としての経験・技術が求められます。

[関連]マウスピース矯正「インビザライン」の特徴(メリット・留意点)

3.マウスピース矯正に関する7つの誤解

1.従来の矯正と比べて、マウスピース矯正は治療できる範囲が限られるのでは?

Answerマウスピース矯正には複数の種類があり、装置によって適応症例の範囲は異なります。また、担当医によって、歯列矯正治療の対応できる適応範囲が異なる場合があるため、従来の矯正治療と同じように、矯正医の経験・スキルがとても重要です。

2.どこのマウスピース矯正も似たりよったりで違いがない

Answerメーカーによって、マウスピース装置の製造工程から交換頻度、材質が異なります。一言でマウスピース装置といっても、種類によってメリットやデメリットが異なるので、矯正医にご相談ください。

3.従来の矯正と比べて治療期間が長いのでは?

Answer治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと、矯正医より報告されています。

4.マウスピースを着けていると話しにくいのでは?

Answer慣れるまでの数日間は舌足らずな発音になる場合がありますが、ほとんどの方は初めて装着した日から、日常生活に支障なく会話ができると報告されています。

5.マウスピース矯正の方が痛いのでは?

Answer一般的に、矯正治療には多少の痛みを伴う場合があります。痛みの感覚には個人差がありますが、従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーによる痛みや不快感が少ないと矯正医より報告されています。

6.従来の矯正より虫歯になりやすいのでは?

Answerマウスピース矯正は、歯に装置を固定する従来の矯正装置と異なり自分で取り外しできます。歯磨きやケアが治療前と同じようにできて、口腔内を健康に保つことができます。

7.価格が高いのでは?

Answer歯列矯正の治療費は医院によって異なります。
それぞれにかかる料金設定や支払いプランも様々なので、各医院にご相談ください。

4.マウスピース矯正の治療例

年齢:20歳 性別:女性 
動的治療期間:約2年 使用した装置:マウスピース矯正(インビザライン

受診のきっかけ:前歯の突出とでこぼこが気になり、治療の相談のため来院しました。
患者様の希望:放送関係の仕事のため、できるだけ目立たない装置と治療法を希望されました。

治療の流れ:
デコボコの度合いが激しいため、上顎の小臼歯(4番目の歯)2本を抜歯しました。
抜歯の後に、インビザラインにて治療しました。抜歯した部がわからないように白い人工の歯を組み込みながら、マウスピース装置(アライナー)を作製しました。


治療前

インビザラインの出っ歯・叢生の治療例、治療前

治療完了(治療開始から 2年後)

インビザラインの出っ歯・叢生の治療例、治療中

治療前後の比較(上顎)

インビザラインの出っ歯・叢生の治療例、治療後

主治医のコメント:患者さんは、とても協力的で、毎日アライナーを20時間/日以上使用して頂けました。 とてもスムーズに歯が移動したと思います。

※治療結果には、個人差があります。
続きはこちら → 目立たない、取り外せる矯正装置(2) 〜インビザラインについて〜
制作
矯正歯科ネット

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ
歯の豆知識
  • 新宿矯正歯科 久村 紗耶香先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生