歯周病にも種類がある

▼歯周病の種類



<歯肉炎>
歯肉に付着したプラークにより、歯肉に炎症が起こった状態です。
歯ぐきや歯を支えている組織の破壊が進んでいないので歯石除去のどの初期治療で完全に治癒します。しかし、放置すると歯周炎に発展してしまいます。
 
歯肉炎にも歯の清掃不良からおこる歯肉炎、妊娠中に発生する妊娠性歯肉炎や高血圧治療薬、てんかん治療薬を服用している人に見られる薬物性の歯肉炎などさまざまなタイプが認められます。


<成人性歯周炎>
もっとも多いタイプの歯周炎で、慢性辺縁性歯周炎とも言います。30代から始まり比較的ゆっくりと進行します。
初期にはほとんど症状がなく、歯磨きをした時の歯肉から出血がある程度ですが、進行するにしたがって、歯肉が腫れ、膿がでたり歯がぐらついて抜けてしまうことがあります。早期の発見が大事で、適切な治療により回復します。


<若年性歯周炎>
健康な10代から20代前半の若年者におこる歯周炎です。
歯磨きは、いちんとできていて、口の中はきれいな状態であるのに、著しいく歯を支えている骨がとけてなくなっているのが特徴です。原因としては遺伝的問題が考えられます。


<急速進行性歯周炎>
20代前半から30代半ばに起こる歯周炎で、早い速度で歯や、歯を支えている骨が溶かされていきます。


<難治性歯周炎>
あらゆる歯周治療を徹底的に行っても改善がみられず、再発してしまいなかなか治療効果が得られない歯周炎です。


このページの先頭へ

  • MIENAI矯正歯科 三浦和輝先生
  • 渋谷矯正歯科 東海林貴大院長先生
  • 医療法人社団真美会 銀座矯正歯科 深沢真一院長先生
  • 神宮前矯正歯科 斉宮 康寛院長先生
  • アイ矯正歯科クリニック 福井 一美院長先生
  • 横浜駅前歯科・矯正歯科 湊寛明先生
  • 日本橋はやし矯正歯科 林一夫院長先生
  • 池袋駅前矯正歯科 小室敦院長先生
  • リボン歯科グループ 高田馬場リボン歯科・矯正歯科 金子 正明先生
リボン歯科・矯正歯科