お悩み

自分の歯並びのタイプが気になる!

自分の歯並びのタイプが気になる!

歯並びや噛み合わせが正常な状態でないものの総称を不正咬合[ふせいこうごう]と言います。特徴によりいくつかの種類に分類され、出っ歯、受け口、叢生[そうせい]などがあります。 また、骨格性のズレが大きい症状は顎変形症[がくへんけいしょう]といいます。ここでは、いくつかの歯並びの種類や特徴を紹介します!

顎変形症[がくへんけいしょう]

自分の歯並びのタイプが気になる!
顎変形症[がくへんけいしょう]
(顎の骨格性のズレ)
とは?

顎変形症[がくへんけいしょう]

顎変形症は、上顎又は下顎のどちらか、又は両方の骨格性のズレが大きい症状です。通常の矯正治療では十分な治療結果が期待できない場合が多く、外科的矯正治療(顎矯正手術を併用した矯正治療)を行います。

顎変形症[がくへんけいしょう]対応の歯科医院はこちら!

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)

自分の歯並びのタイプが気になる!
上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)、
下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)
とは?

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)

上顎前突は、出っ歯ともいわれ、上顎の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎の歯全体が突出しています。反対に、下顎が上顎よりも前に突出している状態を下顎前突といいます。受け口(反対咬合)ともいわれています。

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)対応の歯科医院はこちら!
  • 東京八重洲矯正歯科 患者様の歯並び・お口の症状・ご希望を考慮して治療を提案いたします。

叢生[そうせい]、八重歯

自分の歯並びのタイプが気になる!
叢生[そうせい](歯並びのガタガタ)、
八重歯(乱杭歯[らんぐいば])
とは?

叢生[そうせい]、八重歯

叢生は、数歯にわたって歯がでこぼこに重なり合って生えている状態です。周囲の歯と重なって生え、外側に突出している場合もあります。歯と歯の間に歯ブラシが届かず磨き残しから虫歯になる場合もあります。