みかさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

顎変形症

私は受け口で、下の歯が右にずれており、約一年半前に顎変形症と診断されました。外科治療をするか、歯列矯正をするかどっちがいいか聞かれ、その時は受け口だけが気になっていたため歯列矯正をお願いしました。
矯正を初めてから1年たち、下の歯が奥に引っ込んできて、前歯の左右が揃ってきたのですが、だんだん顎の左右のずれがひどくなり、顎関節症も酷くなってきて口を開けるのが痛くなりました。今外科手術をすれば良かったと後悔しています。そこで質問なのです。今歯列矯正の途中なのですが、今後外科治療に変えることは可能ですか?後、顎関節症は矯正が終わったら軽減しますか?

読ませていただきました。

変更は可能ですが、大変です。今までと逆の方向に歯を動かします。今までは反対咬合を改善するために下の前歯は内側に上の前歯外側に動かしていました。ところが外科矯正になると下の前歯は前方に上の前歯は内側に動かします。従って逆になります。でこぼこなどがないきれいな反対咬合を作って手術します。

できない事はありませんが、例えば下の小臼歯などを抜いていればその部分にはインプラントなど人工的な物を入れて補わなければなりません。歯を抜いていなければよいですけれど

顎関節症は関係ないと思います。もともと外科矯正の患者様には顎関節症が多い気がします。顎関節症がなおるか?というと疑問です。これは手術を担当する口腔外科に確認される事をお勧めします。治療も口腔外科の分野です。それにしても悪くなることはないと思います。

なるべく早めに現在の担当医に相談してください。また、今は健康保険では治療していないはずですが、外科矯正になると保険になります。今通われている歯科医院が育成・更生医療機関の資格を有していないのなら、転院する必要があります。

治療が成功する事を祈っています。



相談を投稿する