かえでさんの相談

カテゴリ:その他

歯科矯正の抜歯について、親を説得するには

高校2年で、現在受け口の歯列矯正をしています。

今通っている歯医者はできるだけ抜歯をせずに治療するスタンスで、歯並びが揃えば見た目の改善は視野に入れないようなタイプのところです。
そのため抜歯なしで治療を開始し、今あと数ヶ月というところまできましたが、治療について見た目の面で納得がいきません。

抜歯をせずに無理矢理治療を進めたため、口元全体が以前より前に出ています。
そこで歯医者にその旨を伝えると、今から抜歯をして治療方針を転換することで対応できるとのことでした。

このことを親に話したのですが、親は抜歯なんてとんでもないと話を聞いてくれず、しまいにはそんなのは整形だと言い出す始末です。
私は普段から人より見た目を気にすところがあり、今回も私が見た目をよりよくするために無理矢理歯を抜いてまで治療をしたいと思っているようです。

捉え方によってはそうなるのは仕方ないとは思います。

しかし私は、本来は私の場合は抜歯をして治療するのが普通であり、どちらかというと歯科医の方針が私に合っていない(無理矢理非抜歯で治療した際の失敗例として口元の突出がネットでも挙げられていた)ということを伝え、抜歯治療を了解してもらいたいです。
どのように伝えたら納得してもらえるでしょうか。

早速ですが、治療方針を変えるという事でしたら、担当医から親御様に直接お話をして頂くのがベターなのではないかと思います。
レントゲン等の再診断上、抜歯が望ましいという事であれば、抜歯のメリット等(お口が閉じにくいと口呼吸等のデメリットがある等)をお話頂くとなお良いのではないでしょうか。
読ませて頂きました。

難しい問題ですね。実は親御様の世代で矯正治療の経験のある方は残念なのですがわずかしいません。そこで理解が足らないのです。例えばアメリカではすでにその世代の方は経験があります。それが今日本の抱えているトラブルの原因になっています。近親者に相談しても明確な答えが返ってきません。誰に相談すればよいかわからないはずです。

今の状況は上下顎前突という症状だと思います。これは不正咬合です。上下顎前突はでこぼことかありません。上下の歯が前に傾斜する事で歯を並べます。結果的に口もとが出てしまいます。口もとは歯科医師の国家試験でも抜歯する理由になります。気にされているように成人の方の矯正治療の多くは噛めないのではなく、横顔を気にしての事です。ご両親は歯を抜く事に抵抗があるんですね。口もとが出ていると寝ている時など歯が口から出ているはずです。そうすると前歯部の粘膜が乾燥してしまいます。これは歯周病や虫歯などの原因になります。粘膜は乾燥させるものではありません。歯の健康を害するというのは説得としてはいかがでしょうか?

願いがかなう事を祈っています。
かえでさん初めまして。銀座矯正歯科の深沢です。
ご相談内容拝見いたしました。
現在の非抜歯での治療計画から口元の改善のために抜歯での計画に変更希望ということですよね。
ご両親様の同意が得られないのは辛いですし、かえでさんとご両親様の意見が一致した上で治療を進めていかないと良い治療にならないと思います。
抜歯矯正は珍しい治療でも美容整形でもありませんので再度担当医にご相談頂いて治療計画を変更するとどうなるのかをご両親様も交えて説明して頂いてください。
もし担当医が非抜歯のほうがオススメというようであればセカンドオピニオンで他の矯正専門医にご相談頂いて比較するのも手かと思います。
ご参考にして頂ければ幸いです。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除