あさんの相談

カテゴリ:装置・治療法

矯正とインプラントについて

今19で矯正をしています。
上の右三番目に歯がないのですが噛み合わせはだいぶあってきました。
自分は治療を早く終わらせたいのでインプラントにしたいのですが、親は歯がないところもインプラントなどをせずに埋めるという最初の契約と違うということで揉めています。先生からは治療方針が変わったということは最近聞かされました。
矯正器具はとって今はマウスピースをし歯がないところはブリッジをしています。
自分はもうこれ以上長引くのは反対でインプラントにして早く終わらせたいです。親は長くかけてでも治療すべきという意見です。
インプラントにすることのメリット、デメリットと歯がないところは本当に矯正で直せるのか、どれぐらい期間がかかるのかを聞きたいです。
また治療方針が変わったことを知らせなかったことは、どう思いますか?

読ませていただきました。

インプラントは高額な医療です。ご両親にとっては負担が増えると思います。治療方針が変わる時はその理由を事前に説明する必要があります。私は途中でインプラントを言った経験はありません。事前にこんな可能性があると説明します。

インプラントですが、現在はかなりよくなっています。しかし、歯の移動で、ない歯の場所が埋められればそれにこした事はありません。おそらくそれが不可能になったか?あるいは前歯のまんなか(正中線)がお顔の真ん中に合わなくなる恐れがあるのではないですか?

経済的な事もあります。担当医とよく話し合われる事をお勧めします。トラブルは双方が嫌な思いをします。解決できるとよいですね。
御相談内容拝見いたしました。

今後の方針に関して、御自身、親御さん、担当医が揃ったところで相談なされなければ何の解決にもなりません。
そもそも何故治療方針が変わったのかの説明をお聞きになりましたか?
まずはそこがわからないと全く話が進みません。

早めに話し合いの機会をおつくりください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除