かみ合わせ 症状の悩み(山梨県 59歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:かみ合わせ 症状の悩み

小学生の頃に、不正咬合と診断されましたが、現在も受け口を治療しておりません。加齢とともに顔の歪みも顕著になり、治療したいのですが、年齢的な問題はあるのでしょうか?
小学生の頃に、不正咬合と診断されましたが、治療せずに現在に至っています。左側は、上下正常な状態ですが、右側は受け口の状態です。
奥歯を噛み合わせると開咬になります。また、奥歯で噛みあわせて力を入れると、顎関節がゴリっとして怖くてできません。
加齢とともに顔の歪みも顕著になり、治療したいですが、年齢的な問題はあるでしょうか?
また、手術ではなく、歯の高さを調節する方法などがありましたら教えて下さい。

[山梨県 59歳 女性 主婦]

かみ合わせ 症状の悩み

まず、59才でしたら、治療時間が長くなりますが、矯正治療は可能です。
手術でなく歯の高さを調整するには、マイクロインプラントを利用して、歯を圧下(歯を沈めていく)方法があります。
奥歯で噛み合わせて、顎関節がゴリっとして痛くて噛めないなら、多少、時間と費用がかかっても治してもらった方が良いと思います。
食事がしっかりできないのは辛いです。
難しい治療になりますので、先生を選んで治療してもらって下さい。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です