(東京都 会社員のQ &A)

カテゴリ:

拡大という治療法は一般的ではないのでしょうか?また来年受験なのですが時期的にはどうなんでしょうか?
14歳の息子についてご相談させてください。
息子は前歯(特に下)の歯並びが悪く、矯正歯科医院に相談に行きました。
レントゲンを撮ったところ上の一番前の歯2本の根が吸収されている為、その歯2本は永くはもたないので抜いてしまい、下は糸切り歯の隣を抜いて矯正するのがベストだと言われました。
念のため別の矯正歯科に行って相談したところ、レントゲンを撮って吸収ではなくて 短根歯のようなので大切に使えば永くもつとのことで、歯を抜きたくなければ上顎を拡大し、下は外側に起こし必要ならば削るという方法も有ると言われました。 今後どうしたらよいのか迷っています。
最初の所では拡大という話は出て来ませんでしたが、拡大という治療法は一般的ではないのでしょうか?
また来年受験なのですが時期的にはどうなんでしょうか?

[東京都 会社員]

拡大という事は一般的におこなわれていますが、過度に拡げ過ぎた場合には治療後、戻ってしまう事があるので拡げられる限界はあります。先生により、お考えや方針等の違いはあると思いますので双方の治療方針の様々な面のメリット・デメリットをお聞きになる必要があると思います。
又、時期的には受験の直前というのは、あまり好ましくありませんが受験中に矯正をされている、お子さんはたくさんいらっしゃいますから一般的には問題無いと思いますが治療を受けるお子さん自身の気持ちが大切だと思います。受験の時期を挟んで矯正をしていて大丈夫かどうかです。又、高校に入ってからの開始でも遅くはないと思います。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です