成人矯正 その他(栃木県 27歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:成人矯正 その他

矯正歯科で矯正の相談したところ、インプラントが必要と言われました。矯正歯科の分野では、インプラントはどの程度浸透しており、神経麻痺などの合併症の可能性は、何割の人に起こっているのでしょうか?
矯正をはじめたいと思い、矯正歯科に相談したところ、インプラントが必要と言われましたが、知り合いの歯科医にインプラントには神経麻痺などの合併症の可能性もあると聞きました。
矯正歯科の分野では、インプラントはどの程度浸透しており、神経麻痺などの合併症は、何割の人に起こっているのでしょうか。

[栃木県 27歳 女性 その他]

成人矯正 その他

インプラントは、大きく2つに区別されます。
歯列矯正で用いるインプラントと一般の歯科治療で用いるインプラントです。
矯正治療で用いるインプラントは、歯牙移動の都合上、インプラントを用いた方が治療が早くなったり、簡便になったりするので、最近用いられている方法です。
治療のツール(矯正装置)として用いるインプラントは、神経麻痺が起きるほどの長さは無く、かなり小さいものなので、大きな合併症もないかと思います。
それに対し、一般の歯科治療で用いるインプラントは、咀嚼を司どる歯として用いるので、ある程度の強度と最低限の長さが必要です。
また、ここで用いるインプラントについては、植立の状態により合併症も多少あるかと思います。
治療のツールとしては、先天的に歯が欠如していたり、歯の数を増やした方が良い症例の場合1本の歯(人工歯根)として用います。

どちらの意味でインプラントが必要なのかはわかりませんが、どちらにおいても治療法は1つではありません。
インプラントを使用せずに治療する方法も考えることはできます。
治療法には利点と欠点が存在するので、それらの説明を全て受けて理解した上で始められることをお勧めします。



クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です