知っておきたい矯正歯科治療

矯正歯科治療と言えば歯に銀色の装置をつけて動かしているイメージがあると思います。 
矯正歯科治療と一言で言っても、色々な矯正歯科治療の方法があります。 ご自身のライフスタイルや口の状態にあった矯正歯科治療を選択しましょう。

マウスピース矯正歯科治療の流れ

Step.1 カウンセリング/問診

Step.1 カウンセリング/問診

矯正歯科治療を始める前に、矯正歯科治療についての希望や悩みについて歯科医師と話をします。

  • 歯並びや噛み合わせに対して気になっている部分
  • 矯正治療の希望(歯を抜きたくない、いつから始めたい、裏側矯正を希望) など
  • 矯正歯科治療で起こりうる痛み
  • 矯正治療法

などです。

Step.2 検査

Step.2 検査

カウンセリング/問診後、顎の骨、口の中の状態などを調べる検査を行います。

検査の内容は、レントゲン、歯科用CTなどの撮影します。そして、噛み合わせ、歯並びを確認するための検査をします。

歯科用CT ⇒

Step.3 診断

歯科医師が、患者様の矯正歯科治療に対してのお悩み、希望、step2で行った検査の資料をもとに診断し、矯正歯科治療の計画を立てます。
矯正歯科治療の計画を立てたら、次は患者様に計画内容を説明します。
矯正歯科治療の計画、支払い方法など、説明内容について患者様が納得されたら、後日、矯正歯科治療の同意書にサインをし、歯科医院に提出します。
(手続きの流れは歯科医院によって異なりますので、かかっている歯科医院の案内に従ってください。)

Step.4 歯の型どり

マウスピースを作るための精密な歯の型や、歯の噛み合わせを確認するための型どりをします。

Step.5 マウスピースを製作

マウスピースを製作するために、歯科医院でとったレントゲン写真、歯科用CT、歯型等を、マウスピースを製作する会社に送ります。
(歯科医院側が行います)

Step.6 治療を開始

Step.6 治療を開始

マウスピースが歯科医院に届くと、治療を開始できます。
マウスピースの使用方法、装着時間を守り、治療目標に向けて徐々に歯を動かしていきます。
矯正歯科治療を行っている期間は定期的に歯科医院に来院をします。

マウスピース矯正は、何枚もの少しずつ違う形のマウスピースを数週間後ことに交換し、歯の並びを整え矯正していきます。
そのため、装着時間や医師の指示通り行えない場合は、矯正歯科治療は予定通りには進みません。

Step.7 治療終了まで

Step.7 治療終了まで

歯並びを整い終えても矯正歯科治療は終わりではありません。

歯は元々の位置に戻ろうとする性質があります。
歯が並び終わった後、歯の並びが整い終わった後は、歯の後戻りを防ぐために一定の期間、歯の位置を固定させ、歯の位置を固定する装置をつける期間があります。

矯正歯科治療の終了後は、定期健診などでメインテナンスをしながら、お口の状態を清潔な状態に保ちましょう。