知っておきたい矯正歯科治療

矯正歯科治療と言えば歯に銀色の装置をつけて動かしているイメージがあると思います。 
矯正歯科治療と一言で言っても、色々な矯正歯科治療の方法があります。 ご自身のライフスタイルや口の状態にあった矯正歯科治療を選択しましょう。

目立ちにくい矯正装置

矯正歯科治療は、歯に銀色の装置をつけなければならないイメージがありますが、そんなイメージを払拭する矯正歯科治療が出てきています。

1. ブラケット矯正

  • 乳白色のブラケット装置
    ▲ 乳白色のブラケット装置
  • 金属のブラケット装置
    ▲ 金属のブラケット装置

銀色や白いブロックの様なものを接着して行なう矯正歯科治療を、ブラケット矯正と言います。
ブラケットとは、歯の一つひとつに接着させたブロックの様な小さな装置です。
そのブラケットにワイヤーを通し歯を動かして、歯並びを整えます治療方法です。
ブラケットには、金属製の銀色のものや、セラミック製の乳白色のものなどがあります。また、ブラケットに通すワイヤーは、歯科医院によっては白いものを選択することができ、より目立ちにくい状態で矯正歯科治療を受けられる選択肢もあります。

Check!
  • 小さな装置とワイヤーが歯に接着されているので、歯ブラシは通常より難易度が上がります。
  • 食事中に食べ物が装置の間に詰まりやすいので、食後はブラッシングすることをおすすめします。
  • 装置が頬の内側に当たり、口内炎ができることがあります。

2. 裏側矯正

  • 裏側矯正
  • 裏側矯正

裏側装置はブラケットを歯の裏側に接着して矯正歯科治療を行います。
歯の裏側に接着させることで、表からは見えにくい状態で矯正歯科治療ができます。

Check!

裏側に装置が付いているので、舌にあたり違和感があったり、傷がついて口内炎ができる場合もあります。
また、発音がしにくい場合もあります。これらは、治療期間中に徐々に慣れていきます。

3. マウスピース矯正

  • マウスピース矯正
  • マウスピース矯正

取り外しのできる透明なマウスピースを、段階を置いて取り変えながら、歯の並びを整えていく治療方法です。
矯正歯科治療の中でも比較的新しい治療方法です。

薄くて透明度のあるマウスピースの型で、目立ちにくく、ご自身で取り外すことが可能です。食事や歯磨き以外の時間は、装着が必要です。

Check!

前歯の隙間が気になる、少し歯が出ている、など少し歯並びが気になるという方におすすめの治療方法です。
ブラケットをつける矯正歯科治療より長く期間がかかる場合があります。