【2021年10月】秋田県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した秋田県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療の費用相場はどれくらい?

A1:費用は矯正装置の種類や個人の治療状況によって異なります。

・表側矯正の場合 600,000~1,000,000円
・裏側矯正の場合 800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正の場合 700,000~1,000,000円
・部分矯正の場合 200,000~600,000円

「別途費用がかかるもの」
矯正治療前に行う診断やカウンセリング、CTやレントゲンなどの精密検査、矯正治療中の調整料、矯正治療後のリテーナー代など。

※あくまでも費用の目安であり、実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

Q2:矯正治療に保険が適用されないのはなぜ?

A2:「審美的な処置」という側面が強く、病気を治す治療ではないためです。

矯正治療を検討している方で「なぜ矯正治療に保険が適用されないの?」と疑問をもたれるのではないでしょうか。

歯科治療で公的医療保険が適用される場合は「病気(悪いところ)を治す治療」が条件です。

しかし、矯正治療は「歯並びを改善し見た目を整える」というように審美的な側面が強いため公的医療保険が適用されません。 そのため矯正治療は基本的に全額自己負担の自費診療です。

Q3:矯正のゴムかけとは?

A3:上あごの装置と下あごの装置にまたがって、治療用のゴムをかける治療です。

ゴムの引っ張り合う力を利用し歯を動かします。患者さんが自分で矯正装置についているフックにゴムをひっかけてゴムの着脱を行います。

基本的に食事と歯磨きの時間以外は着用し、ゴムかけの必要な期間は歯並びの症状による個人差によりますが、1ヵ月~12ヶ月以上といわれています。

ゴムかけは1日1回の交換が必要で、毎日交換する必要で面倒に感じてしまうかもしれませんが、 ゴムかけをサボってしまうと矯正治療の期間が延びてしまう可能性があるので継続することがとても重要です。

Q4:矯正後に使うリテーナーってなに?

A4:保定装置とも呼ばれる矯正治療後の歯列を保つための装置です。

矯正治療後は歯の周囲の骨が弱く不安定で歯は普段よりも動きやすく「後戻り」が起きやすい状態です。

「後戻り」とは矯正前の歯並びに戻ってしまったり、歯並びの崩れやすい状態のことを指します。

矯正治療後の歯並びを維持するためには、リテーナーでの保定が不可欠です。

「また装置を装着するのか」と思うかもしれませんが、歯の「後戻り」を防ぐためにはとても重要です。

個人差はありますが、骨が安定するまでの6ヵ月~12ヶ月は食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要です。

Q5:マウスピース矯正ってどんな矯正?

A5:自分で取り外しができて、軽くて透明な目立ちにくい装置を使う治療です。

使用する装置は、軽くて薄い透明な素材でできているので、歯に装着しても周囲から目立ちません。 歯磨きや食事の時間以外は外すことができるので、日常生活への影響が少ない矯正方法といえます。

マウスピース矯正の他の特徴は「金属アレルギーのリスクがない」、「お口のトラブルを軽減できる」などのメリットがあります。 そのためマウスピース矯正を選択する方も増えています。

しかし、メリットである「取り外しができる」ことがデメリットとなり、残念ながら効果が得られないケースも存在します。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら