【2021年12月】群馬県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した群馬県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療の費用相場はどのくらいですか?

A1:患者さんの症状や治療法の選択によって違います。

[一般的な矯正治療にかかる費用の目安]
  表側矯正 600,000~1,000,000円
  裏側矯正 800,000~1,500,000円
  マウスピース矯正 700,000~1,000,000円
  部分矯正 200,000~600,000円

上記の費用のほかにも次のような別途料金がかかります。矯正治療前に実施する診断料やカウンセリング料、 精密検査料(CT、レントゲンなど)、矯正治療中の調整料、矯正治療後のリテーナー代など。

※あくまでも参考費用のため、実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

Q2:矯正治療には保険が適用されますか?

A2:残念ながら、一般的な矯正治療は健康保険(公的医療保険)の対象となりません。

矯正治療を考えている方は、保険が適用されるか気になると思いますが、基本的に矯正治療は全額自己負担の自由診療です。

矯正治療は歯並びを整える=見た目を改善させるという側面が強いので、病気を治す目的と見なされていないからです。

公的医療保険が適用されるのは、「病気(悪いところ)を治す治療」が前提条件です。 そのため矯正治療は保険が適用されないケースがほとんどです。

Q3:歯科矯正でのゴムかけは痛い?

A3:ゴムかけの痛みは数日間続くと言われています。

ゴムかけの痛みのため、交換のタイミングで再度ゴムかけをしたくないと思う方もいると思います。

ゴムかけをサボると矯正治療の期間が長引いてしまったり、計画通りに歯並びが整わない可能性がありますのでとても重要です。 ゴムかけの必要な期間は個人差にもよりますが、一般的に1ヵ月~12ヶ月以上と言われています。

Q4:矯正治療後のリテーナーをサボるとどうなるの?

A4:「後戻り」が起こります。

矯正治療後は歯の周囲の骨が弱く不安定なため歯は普段よりも動きやすい状態です。 そのため歯の周囲の骨が安定しない時期にリテーナーの装着をサボった場合、「後戻り」が起こります。

骨が安定するまでは約6ヵ月~12ヶ月かかると言われており、食事や歯磨き以外の時間、それ以降は徐々にリテーナーの装着時間を短くしていき、 最終的には睡眠時だけ装着するといったように、できるだけリテーナーは使い続けたほうがよいでしょう。

長い期間の矯正治療を経て手に入れたきれいな歯並びを維持するためには、リテーナーでの保定が必要です。

Q5:マウスピース矯正ってちゃんと歯は動くの?

A5:動きますが、自己管理がポイントです。

マウスピース矯正の特徴として、
・薄くて透明、目立たない
・取り外し可能
・金属アレルギーのリスクがない
・お口のトラブルを軽減できる
などのメリットがあります。他にも一定期間で装置に取り換えるので衛生的で、食べ物の制限がないので、友人や大切な人との食事も気兼ねなく楽しめるでしょう。

しかし、メリットである「取り外しができる」ことがデメリットとなり、残念ながら効果が得られないケースも存在します。 マウスピース矯正は1日の装着時間が長く、一般的には「1日20時間以上」装着しなければいけないものがほとんどです。

そのため、慣れるまでは装着時間の長さにストレスを感じるかもしれません。指定された着用時間が守れないと計画通りに歯が動かず、 結果的に治療期間が延びてしまう可能性があるので注意が必要です。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら