【2021年10月】茨城県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した茨城県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:どうして矯正治療に保険が適用されないの?

A1:病気の治療を目的としていないとして、公的医療保険が適用されていません。

ほとんどの矯正治療は全額自己負担とする自費診療です。公的医療保険が適用される歯科治療では「病気(悪いところ)を治す治療」であることが条件となっています。
それに対して矯正治療は「歯並びを整えて見た目を向上させる目的」という審美的な側面が強く、 病気を治療することが目的ではないとされています。そのため、公的医療保険が適用されていません。

ただし、顎変形症を含む先天異常59疾患など一部の症例に対しては公的医療保険が適用される場合があります。

Q2:自費診療の矯正治療はいくら費用がかかる?

A2:矯正治療にかかる費用は、矯正装置の種類や治療のタイミングによって異なります。

表側矯正の目安 約600,000~1,000,000円
裏側矯正の目安 約800,000~1,500,000円
マウスピース矯正の目安 約700,000~1,000,000円
部分矯正の目安 約200,000~600,000円

ただし、歯科医院によって以下の治療が別途かかる場合もあります。

治療前のカウンセリング・CTやレントゲンなどの精密検査・診断・治療中の調整料・治療後のリテーナー代など。

※上記はあくまでも費用の目安です。実際の治療費はお通いの歯科医院へお尋ねください。(メディカルネット調べ)

Q3:矯正の治療中に使用するゴムかけは必要なの?

A3:歯の移動の促進、噛み合わせの調整を目的とした矯正治療用のゴムです。

矯正治療でゴムかけを使用する主な理由は、上下の歯に装着している矯正装置にゴムを引っかけて、ゴムの引っ張り合う力を利用することで歯の動きを促すためです。

歯並びの症状による個人差がありますが、ゴムかけの必要な期間は1ヵ月~12ヶ月以上といわれています。

ゴムかけが必要な期間の目安は、だいたい1ヵ月~12ヵ月以上とされていますが、歯並びの症状によって期間が変動することもあるでしょう。

ゴムかけの交換頻度は1日1回、基本的に患者さんがご自身で毎日交換します。 さらに、ゴムかけは数日間痛みが続く場合もあるため、毎日の作業を面倒に感じるかもしれません。
煩わしいからと、交換のタイミングで再度ゴムかけをしたくないと思う方もいるでしょう。

しかし、面倒だからとゴムかけをおざなりにしてしまうと、矯正治療の期間や計画に影響してしまう可能性があるほど大切な工程です。 せっかく始めた矯正治療をスムーズに進め、損をしないためにも、毎日しっかり続けることはとても大切です。

Q4:マウスピース型の矯正装置だけで歯は動くの?

A4:歯は動きますが、目標の治療結果を出すには自己管理が大切です。

矯正治療には、マウスピース型の矯正装置で歯並びを整える治療法があります。このマウスピース矯正の特徴には、
・自分で取り外せる
・マウスピースが透明なので装着中も目立ちにくい
・金属を使用しないため金属アレルギーへの影響が少ない
・ワイヤーが外れる、装置で口腔内を傷つけるなどのトラブルを軽減できる
などのメリットがあり、多様なライフスタイルに適応しやすいことからマウスピース矯正を選択する方も増えてきています。

しかし、自分でマウスピースを取り外せるメリットが場合によっては逆にデメリットになることもあり、効果が得られないケースが存在するため注意が必要です。

マウスピース矯正は装着する時間が決められていて、基本的に「1日20時間以上」の装着が必要とされています。 そのため、時間を守りマウスピースの付け外しを患者さん自身で管理できるかが、治療結果や期間を左右することに繋がるのです。

自由に取り外しができるからといって、マウスピースを装着している時間が短くなってしまえば、計画通りの効果が得られなくなります。

Q5:矯正治療後に使用するリテーナーってなに?

A5:移動した歯の「後戻り」を防ぐための保定装置です。

リテーナーは長期にわたる矯正治療によって得たきれいな歯並びを長く維持するために用いる装置で、一般的にどの歯科医院でも装着します。

治療で強制的に動かした歯の周囲の骨は弱くなっています。歯は不安定で通常より動きやすくなっているため、歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」が起きやすい状態です。

「やっと長い治療期間から解放されたと思ったのにまた装置を装着しなくちゃいけないの?」と、億劫に感じてしまうかもしれませんが、 移動した歯の「後戻り」を防ぐためにはリテーナーを装着する保定期間欠かせません。

骨が安定するまでの期間に個人差はありますが、目安としておよそ6ヵ月~12ヵ月、食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要です。 骨が安定してきたら夜間のみ装着するなどして、できるだけ長い間リテーナーを使い続けることが奨められています。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら