【2021年09月】岩手県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した岩手県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療にはどれくらい費用がかかるの?

A1:装置の種類や治療期間によって費用は変わります。

表側矯正…およそ600,000~1,000,000円
裏側矯正…およそ800,000~1,500,000円
マウスピース矯正…およそ700,000~1,000,000円
部分矯正…およそ200,000~600,000円

そのほか、治療を始める前の診断やカウンセリング、CTやレントゲンなどの治療に必要な検査、治療中の診断料や調整料、治療後のリテーナーの代金など別途費用がかかってきます。

通院時に装置を装着・調整やチェックにかかる費用「調整料」を支払う場合は、治療期間によって費用が増えていきます。 治療の前におおよその通院回数や調整料の目安、かかる費用の総額を確認しておきましょう。事前にきちんと確認しておくことで不安や不満を防ぐことにつながります。

※あくまでも費用の目安で、実際の金額を保証するものではありません。(メディカルネット調べ)

Q2:矯正治療は保険で診療できますか?

A2:基本的に公的医療保険は適用されません。

矯正治療は基本的に全額自己負担の自費診療です。歯科治療において公的医療保険が適用されるのは、虫歯や歯周病など「病気や悪いところを治す」治療とされています。 しかし、矯正治療は「歯並びや噛み合わせを改善して、見た目を整える」というように、審美的な意味合いを含むため公的医療保険が適用されないケースがほとんどです。

自費診療とは、歯科医院によって費用が異なってきます。そのため、治療の内容や、費用、期間や保証、などについて、しっかり話を聞いて同意してから治療を受けるようにしましょう。 高額になりがちな自費での治療だからこそ、トラブルにならないために費用面についての確認は大切ですね。

Q3:矯正治療中にする「ゴムかけ」ってなに?

A3:歯を移動しやすくしたり、噛み合わせを調整したりするための処置です。

矯正の「ゴムかけ」とは上下の歯の矯正装置にゴムを引っ掛け、ゴムの力を利用して歯を動かすための処置です。 ゴムを使って歯の位置を調整したり、噛み合わせを改善するために使用します。また、治療期間が短くなる場合もあります。

矯正中にゴムかけすることでより良い効果が期待できるようになるのですね。

歯並びの症状や治療方針によって期間は異なりますが、ゴムかけする期間は1ヵ月~12ヶ月以上といわれています。

ゴムかけは1日1回の交換が必要です。また、痛みが数日間は続くといわれており、毎日の交換の手間や痛みなどで、ゴムかけをしたくないと思ってしまう方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、ゴムかけは矯正治療にとても大切なことで、もしゴムかけしないと矯正治療の期間や計画に影響を及ぼすこともあるため、毎日しっかり続けましょう。 ゴムはなるべく長時間装着することが理想です。外している時間が長くなると、それだけ歯が元の位置へ戻ろうとしてしまいます。

適切に顎間ゴムを付けることで、より良い治療効果が期待できますので、頑張って装着するようにしましょう。

Q4:矯正治療が終わってからのリテーナーは必要ですか?

A4:リテーナーは歯の「後戻り」を防ぐために必要です。

矯正治療を頑張って歯並びが整った後は、リテーナーを使用しての保定が必要になります。
治療できれいな歯並びを保持するための装置です。

長い時間かけて矯正治療が終了したと思ったのに、また装置を装着しなくちゃいけないのか…、 と思うかもしれませんが、歯の「後戻り」を防ぐためにリテーナーは欠かせません。

矯正治療後は歯の周囲の骨が弱く不安定で、普段よりも歯が動きやすい状態となっており、「後戻り」が起きやすくなっています。 骨が安定するといわれている約半年~1年は、食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着をしましょう。
骨が安定してきたら夜間のみ装着するといったよう徐々に時間を短くしつつ、できるだけ長期間リテーナーを使い続けることが推奨されています。

Q5:マウスピース矯正でも、矯正治療できる?

A5:歯並びは整いますが、自己管理が必要!

マウスピース矯正の特徴として、
・透明な装置でつけていても目立ちにくい
・取り外しが自分でできる
・金属アレルギーのリスクがない
・お口のトラブルを軽減できる
などの数々のメリットがあるため、マウスピース矯正を選択する方も増えてきています。

しかし、「取り外しができる」というメリットが逆にデメリットとなり、装着時間が守られず、残念ながら効果が得られないケースも存在します。 マウスピース矯正がうまくいくかは、患者さんがマウスピースを装着している時間やマウスピースの管理方法など、患者さんの行動にも大きく左右てしまうのです。

マウスピース矯正は装着する時間が決められており、「1日20時間以上」装着しなければいけないものがほとんどで、自己管理が重要です。

取り外しができることは、虫歯や歯磨き、好きなものを食べられるメリットである一方、マウスピースを装着している時間が短くなってしまえば、 計画通りに歯並びは整わなかったり、時間がかったりすることもあります。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら