【2021年09月】香川県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した香川県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療は治療方法によって費用はどのくらい違うの?

A1:患者さんの歯の状況や治療のタイミングによって異なりますが、およそ以下になります。

【治療費用相場】※あくまでも目安で実際の金額を保証するものではありません。
・表側矯正 600,000~1,000,000円
・裏側矯正 800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正 700,000~1,000,000円
・部分矯正 200,000~600,000円

矯正治療では別途費用がかかるケースがあり、その内訳は初診カウンセリング、歯科用CTやレントゲンを使用する精密検査、矯正治療中の調整料、矯正治療が終わった後に装着するリテーナー代などがあります。

治療費用が高額のため、気になる方が多いと思いますが、分割払いを採用していたり、クレジットカード払いが出来たりするので高額故に支払い方法を事前に確認しておくことが重要です。

Q2:矯正治療で保険が適用されるケースと適用されないケースの違いは?

A2:適用されるケースは疾患と伴う治療が必要な場合で、適用されないケースは病気を治すことが目的ではない場合です。

歯科矯正治療において公的医療保険が適用されるケースはかなり限定的です。 国が認めた疾患を治すための治療や先天性の異常が伴う場合が公的医療保険が適用されます。詳しく知りたい方は医院などに相談しましょう。

それ以外の矯正治療は基本的に全額自己負担の自由診療です。「歯並びが悪い」「出っ歯が気になる」などの審美性に関わる側面が強いため保険適用外となります。

Q3:矯正治療中のゴムかけは何故必要なの?

A3:歯の移動を助けて噛み合わせを調整するためです。

矯正治療を行うか思案中の人にとっては、「ゴムかけって何?」「ゴムかけは何故必要なの?」と思われるのではないでしょうか。

矯正のゴムかけは上の歯と下の歯に着けている矯正装置にゴムを引っ掛け、ゴムの反発力で歯を移動を補助します。

ゴムかけに必要とされる期間は1ヵ月程で済む人もいますが、長い人で12ヶ月以上かかるといわれています。これは歯並びの状態に伴う個人差が理由です。

ゴムかけは患者さんが自分で毎日交換しなければならなく、1日1回の交換が必要です。 面倒で気が滅入ってしまうかもしれませんが、サボってしまうと矯正治療の期間や計画に影響を及ぼす可能性があるため、毎日しっかり続けることがとても重要です。

またゴムかけは痛みが数日間は続くといわれてますので忍耐力も必要です。

Q4:矯正治療後のリテーナーはなぜ必要なの?

A4:歯の「後戻り」を防ぐためです。

長い期間の矯正治療を経て手に入れたきれいな歯並びを維持するためには、リテーナーでの保定が必要です。

矯正治療から解放されたと思ったらまた装置を装着しなくちゃいけないのかと思うかもしれませんが、歯の「後戻り」を防ぐためにはリテーナーが欠かせません。

矯正治療後は歯の周囲の骨が弱く不安定で歯は普段よりも動きやすく「後戻り」が起きやすい状態です。

個人差はありますが、骨が安定するまでの6ヵ月~12ヶ月は食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要です。 骨が安定してきたら夜の間のみ装着するといったように、できるだけ長期間リテーナーを使い続けることが推奨されています。

Q5:マウスピース矯正ってどうやって歯を動かすの?

A5:透明で薄いマウスピース型の装置を装着し、治療の段階に合わせて少しずつ新しい装置に変更し歯を動かしていきます。

マウスピース矯正と聞くと同じ矯正装置をずっと使い続けるイメージを持っている方がいると思いますが、矯正治療中は医師の診断に従いマウスピースは段階的に新しい装置に交換します。

マウスピース矯正は基本的に「1日20時間以上」装着する時間が決められているので、長い時間取り外しをしていると治療期間が延びてしまう可能性があります。

マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正と異なり透明なので目立ちにくく、人前にも出やすいので治療を受けることを考えてる方が多いと思いますが装着時間には気をつけてください。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら