【2021年09月】長野県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した長野県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療の費用相場は?

A1:患者さんの歯の状況や矯正装置の種類で異なりますが、おおよそは以下の通りです。

[歯列矯正にかかる費用相場]
■表側矯正 600,000~1,000,000円
■裏側矯正 800,000~1,500,000円
■マウスピース矯正 700,000~1,000,000円
■部分矯正 200,000~600,000円

※上記費用の目安です。実際にかかる金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

その他にも矯正治療前診断や初診カウンセリング、精密検査や矯正治療中の調整料、矯正治療後のリテーナー代などがかかります。

医院によってはトータルフィー制度を採用している場合もあります。トータルフィー制度とは、矯正治療にかかる全治療費を総額で示すものです。

Q2:矯正治療はなぜ保険がきかないの?

A2:病気を治す治療ではないため公的医療保険が適用されません。

矯正治療は基本的に全額自己負担の自費診療です。歯科治療において公的医療保険が適用されるのは「病気(悪いところ)を治す治療」が条件です。 しかし、矯正治療は「歯並びを改善し見た目を整える」というように治療が目的ではなく、審美的な側面が強いため公的医療保険が適用されないのです。

例外としては先天性の病気などで矯正治療が必要になる場合や外科的治療が必要な顎変形症の場合は健康保険が適用するケースがあります。

Q3:矯正治療中のゴムかけの必要期間はどのくらい?

A3:個人の歯並びの状況により異なります。

どの矯正治療方法でも歯の移動を補助したり、噛み合わせの調整をしたりするために必要となります。

ゴムかけに必要な期間は1~12ヶ月以上と個人差が大きく、治療の進行状況や歯科医師の診断によるためです。

ゴムかけは患者さん自身が毎日着け外しを行う必要があり、面倒な作業に感じてしまうかもしれません。

ゴムかけをサボってしまうと矯正治療の期間が長引いたり、計画通りに歯並びが整わないことになりかねないのでしっかりと続けましょう。

Q4:矯正治療後のリテーナーはなぜ必要なの?

A4:矯正治療が終わった後の歯並びをきれいに保つためです。

長い期間をかけて矯正治療が終わったと思ったのに、また装置を使うの?と思われる方が多いのでは?

歯の「後戻り」を防ぎ、歯並びを維持するためには、リテーナーでの保定が必要です。

矯正治療後は歯の周囲の骨が弱く不安定で歯は普段よりも動きやすく「後戻り」が起きやすい状態です。

個人差はありますが、骨が安定するまでの6ヵ月~12ヶ月は食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要です。 骨が安定してきたら夜の間のみ装着するといったように、できる限り長い期間使うことが推奨されています。

Q5:マウスピースを着けるだけで、ちゃんと歯は動くの?

A5:動きます。

マウスピース矯正と聞くと、従来のワイヤー矯正と違い手軽に始められるイメージがあり、効果を懸念されている方も多いのでは?

マウスピース矯正で歯は動きます。歯科矯正で使用するマウスピースは、患者さんの歯型を元に製作されます。

そして矯正期間中に複数枚を付け替えて歯並びを少しずつ整えていきます。この矯正方法は「取り外しができる」ことがメリットですが、同時にデメリットとなり得ます。

マウスピース矯正は装置を装着する時間が定められていて、毎日20時間以上の装着するケースが大半で自己管理が重要です。 そのため装着時間を守れないと残念ながら効果が得られないこともあります。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら