【2021年10月】栃木県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した栃木県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療はどのくらい費用がかかる?

A1:矯正治療に使用する装置の種類や治療のタイミングによって違います。

【治療金額の目安】
  表側矯正 600,000~1,000,000円
  裏側矯正 800,000~1,500,000円
  マウスピース矯正 700,000~1,000,000円
  部分矯正 200,000~600,000円

上記の費用のほかにも、矯正治療前に実施する「診断料」や「カウンセリング料」、「精密検査料」、 矯正治療中の「調整料」、矯正治療後の「リテーナー代」などの別途でかかる費用もあります。

※参考費用のため、実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

いずれにせよ治療費は高額になるので、通院ごとにかかった費用を都度支払う通院処置料別払い制、 デンタルローンやクレジットカードを利用した分割払いなど支払い方法も確認しておくことが重要です。

Q2:矯正治療で公的医療保険が適用されない理由は?

A2:病気(悪いところ)を治す治療ではないからです。

矯正治療は一部の症例を除いて国民健康保険をはじめとした公的な医療保険が適用されません。 矯正治療は一般的な歯並びを改善することを目的としており、「審美的な処置」という面が強いため自由診療での治療となります。
自由診療での治療は公的保険が適用されず全額患者さんの自己負担です。

Q3:矯正治療中でのゴムかけは必要?

A3:歯の移動を補助したり、噛み合わせの調整をしたりするためです。

矯正のゴムかけは上下の歯に装着している矯正装置にゴムを引っ掛け、ゴムの引っ張り合う力を利用し歯を動かします。

ゴムかけは1日1回の交換が必要で、患者さん自身で毎日交換する必要があり、面倒な作業に感じてしまうかもしれません。

ゴムかけは数日間は痛みが続くといわれており、その痛みが原因で再度ゴムかけをしたくないという気持ちになると思いますが、 ゴムかけをサボると治療期間が延びてしまい、治療計画に影響を及ぼしてしまうため毎日の継続がとても重要です。

Q4:リテーナーの後戻りはなぜ起こるの?

A4:前の歯並びに戻ろうとする力が働くからです。

矯正治療が終わった後もしばらくは歯の周りの骨が弱くて不安定な状態です。さらに歯と歯茎を結んでいる繊維は変化しにくく、矯正前の歯並びを記憶しています。

そのため矯正治療によって歯の位置が変わっても、周囲の組織は以前の場所を記憶しているので、後戻りが起きるのです。

歯並びを維持するためには、リテーナーでの保定が不可欠です。矯正治療が終わると解放感があるので、 リテーナーの装着を面倒に思うかもしれませんが、歯の「後戻り」を防ぐためにはリテーナーは欠かせません。

Q5:マウスピース矯正のデメリットはあるの?

A5:取り外しができるので、自己管理ができないと治療期間が長くなります。

マウスピース矯正のメリットの「取り外しができる」ことは自己管理で装着しなければなりません。

1日でのマウスピース矯正の装着時間は一般的に20時間以上です。装着時間が短ければその分治療期間は長くなってしまい、計画通りの効果が得られない結果となってしまいます。

そのため自己管理がとても重要です。

他に挙げられるマウスピース矯正のメリットは
・透明なので周囲から目立ちにくい
・金属アレルギーのリスクがない
・お口のトラブルを軽減できる
など多くのメリットがあり、マウスピース矯正を選択する方も増えてきています。選択を考えている方は自己管理の点をご注意ください。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら