【2021年10月】鳥取県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した鳥取県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療はどれぐらいの金額がかかるの?

A1:矯正治療の治療費は歯科医院によって変わってきますが、目安としては次のような金額になります。

【矯正治療費用の目安】
・表側矯正の場合:600,000~1,000,000円
・裏側矯正の場合:800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正の場合:700,000~1,000,000円
・部分矯正の場合:200,000~600,000円

このほか歯科医院によっては、カウンセリングや精密検査、治療開始後の診断料や調整料など治療毎のタイミングで費用が掛かる場合もあります。
こういった費用全額を矯正治療費用として含めているトータルフィー制度(定額制度)を設けている場合もあります。

詳しくは治療を希望する歯科医院でご確認いただき、治療を受けるか決めるといいかと思います。

Q2:公的医療保険は矯正治療では使えないの?

A2:原則的に矯正治療では公的医療保険の範囲内での治療を受けることは難しくなります。

これは公的医療保険が、病気やケガをした時に医療費の一部を公的機関が負担するものになるからです。

矯正治療は一般的には患者様自身が希望し、機能面・審美面においての治療を受けるものになります。そのため、公的医療保険が適用できません。
しかし、先天的な疾患など一部の症例においては公的医療保険の適用できる矯正治療もあります。

Q3:ゴムかけが必要と言われました。どんな治療ですか?

A3:矯正治療中に、矯正装置にゴムをかけ、その反発力を利用して噛み合わせの調整や、歯を動かすのを補助するために行います。

ゴムかけ開始当初は、矯正装置を付け始めた時に出やすい痛みと同じような痛みが出る場合があります。 ただ、これはずっと続くものではなく、だんだんと慣れてくるものなのでしっかりと歯科医師の指示に従ってゴムかけを行ってください。

毎日自分で交換する必要があるなど面倒さもあるかと思いますが、しっかりと行うことで歯並びをより良い状態に導くことができます。

Q4:矯正治療後にリテーナーを使うのはどうしてですか?

A4:矯正治療後の歯茎の状態は不安定なので、リテーナーを装着して安定させ、後戻りを防ぐ必要があります。

歯茎の状態が不安定なのは矯正治療で歯を動かしたことで、歯茎の組織が不安定な状態になっているからです。
個人差や、歯科医院での指導にもよりますが、リテーナーは矯正治療と同じ程度の期間装着が必要になってくる場合もあります。

できる限り長い期間装着することで歯並びを安定させやすくなるため、しっかりと歯科医師の指導に従って装着してください。

Q5:マウスピース矯正で歯が動くのはどうして?

A5:マウスピース矯正では、治療の段階にそって少しずつ形の違うマウスピースを約2週間ごとに交換して歯を動かします。

透明で目立ちにくい、自分で取り外しができる、金属を使っていないので金属アレルギーのリスクが抑えられる、お口のトラブルを軽減できるなどのメリットが考える治療です。

治療をご希望される場合は、しっかりと装着時間を守れないと歯が動かない治療ですので、1日の装着時間を守るなどして治療を受けてください。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら