【2021年10月】富山県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した富山県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療を受けるのにどのくらいの費用が必要?

A1:矯正治療にかかる費用は治療のタイミング、どんな治療を受けるかによって変わります。

矯正治療は様々あり、どの治療を選ぶかによって費用は異なります。
・表側矯正:約600,000円~1,000,000円
・裏側矯正:約800,000~1,500,000円
・マウスピース矯正:約700,000~1,000,000円
・部分矯正:約200,000~600,000円

そのほか、事前のカウンセリング、CT・レントゲンなどによる精密検査、診断、矯正治療の過程で必要な調整料、 歯並びを固定させるためのリテーナー代等、別途費用がかかります。

歯科医院いよっては、治療費の総額を最初に提示する制度を設けているケースもあります。詳しくはお通いの歯科医院に確認してみましょう。

※費用はあくまでも目安であり、実際の金額を保証するものではありません。(メディカルネット調べ)

Q2:矯正治療は保険適用される?

A2:基本的に公的医療保険は適用されません。

歯科治療が公的医療保険が適用されるのは、「病気を治す」「悪いところを治療すること」が条件になっています。 それに対して矯正治療は「歯並びを改善し見た目を整える」というように治療が目的ではなく、審美的な側面が強いとされています。

そのため、ほとんどの矯正治療は全額自己負担の自費診療です。

ただし、顎変形症など一部、治療が必要とされる矯正治療については保険適用される症例もあります。

Q3:マウスピースを装着するだけで歯は動くの?

A3:動きますが、きちんと動かすに自己管理が大切です。

マウスピース型の装置で行う矯正治療を、一般的に「マウスピース矯正」といいます。 マウスピース矯正の特徴には主に以下のメリットがあります。

・自分でマウスピースの取り外しができる
・透明のマウスピースなので装置が目立ちにくい
・装置に金属を使用しないため、金属アレルギーに配慮されている
・ワイヤーによる矯正のような、装置が外れてしまうといったトラブルがない

このように多様化するライフスタイルに合わせやすい特徴があることから、マウスピース矯正を選択する方が増えてきています。

Q4:矯正治療中のゴムかけは必要なの?

A4:ゴムかけは歯の移動を補助したり、噛み合わせの調整をしたりするための大切な処置です。

矯正治療で行う「ゴムかけ」は、上下の歯に装着している矯正装置に引っ掛けたゴムの引っ張り合う力を利用して歯の移動を促すためものです。 ゴムかけの必要な期間は1ヵ月~12ヵ月以上とされ、歯並びの症状によって個人差があります。

1日1回ゴムかけを交換します。患者さん自身でゴムを交換する作業は毎日行う必要があるため、人によっては面倒に感じてしまうこともあるのではないしょうか。

また、ゴムかけは数日間は痛みが続くこともあり、痛みの度合いによっては交換の度に、もうゴムかけをしたくないと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それでもゴムかけが必要な理由は、サボってしまうと矯正治療の期間や計画に影響を及ぼす可能性があるからです。 せっかく時間をかけて行うものですから、損をしないためにも毎日しっかり続けることがとても重要です。

Q5:矯正治療の後にリテーナーを行うのはなぜ?

A5:移動した歯が元に戻ろうとする現象「後戻り」を防ぐために行います。

矯正期間が終わると、次はリテーナーでの保定期間に入ります。移動させた歯は元の位置に戻ろうと、後戻りを起こそうとします。 この後戻りの現象を防ぐための処置を「保定」といいます。

矯正治療を行った直後は歯の周囲の骨が弱くなっているため不安定で、歯は普段よりも動きやすい状態です。歯の後戻りが起こるのはそのためです。

長い矯正期間を経て、さらに装置を装着するのは煩わしく感じるかもしれませんが、リテーナーを装着してきれいな歯並びを維持しましょう。

骨が安定するまで食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要とされています。 一般的に掛かる期間は6ヵ月~12ヵ月ほどで、個人差があります。

骨が安定してきたら夜間のみの装着となり、できるだけ長い期間リテーナーを使い続けることが推奨されています。

注意しなければいけないのはメリットである「自分で取り外しができる」点がデメリットになる場合があるということです。 残念ながら効果が得られないケースも存在するようです。

マウスピース矯正は基本的に1日のうち装着する時間を「1日20時間以上」とする場合が多いです。基本的にマウスピースを外せるのは食事と歯磨きのときで、そのほかはできるだけ装着します。 装着時間を自分で管理する必要があるため、自由に取り外しができるからとマウスピースを外している時間が長ければ長いほど効果が出にくくなります。

計画通りに効果を得るために、治療の際は歯科医師の指導のもとマウスピースを装着しましょう。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら