ひろぽんさんの相談

カテゴリ:装置、治療法

下顎後退

現在、歯科矯正をしています。
私は下顎が後退していて横から顔をみると顎がなく、正面から見ると梅干のようにシワになっています。
最初は外科手術をする予定でしたが、顎関節が短いから手術は100%できないと言われました。
正直、手術をして下顎の後退も解消され噛み合わせもよくなると思っていて、手術をした後、今までの悩みが解消されるとワクワクしてたのですが、100%無理と言われてどうしたらいいのか分かりません。
他の歯科矯正の病院で診てもらっても100%無理と言われるのでしょうか?
もう、諦めた方がいいのでしょうか。よろしくお願いします。

大学病院へセカンドオピニオンで行かれることをお勧めします。

確かに記載されているように顎関節にいまだに進行性の吸収が起きているようだと下顎を前方に手術で移動するとその反作用で下顎頭の吸収が助長されるさらに短くなってしまう事が考えられます。問題は顎関節の下顎頭の吸収です。これがあるかないか?の判断はMRIを撮影する必要があります。歯科でMRIを持っているのは大学病院かそれに準ずる大きな病院となります。一度相談に行かれる事をお勧めします。

治療が成功する事を祈っています。
大学病院へセカンドオピニオンで行かれることをお勧めします。

確かに記載されているように顎関節にいまだに進行性の吸収が起きているようだと下顎を前方に手術で移動するとその反作用で下顎頭の吸収が助長されるさらに短くなってしまう事が考えられます。問題は顎関節の下顎頭の吸収です。これがあるかないか?の判断はMRIを撮影する必要があります。歯科でMRIを持っているのは大学病院かそれに準ずる大きな病院となります。一度相談に行かれる事をお勧めします。

治療が成功する事を祈っています。
ひろぽんさん
拝見いたしました。

現在矯正治療をしていらっしゃるということですが、どういった内容なんでしょうか。
外科矯正と通常の矯正治療では、最初から治療目的・内容が違ってきます。
外科矯正では、手術を目的に、術後の最終位置を目指して術前の矯正治療を行います。ですから、途中で手術が不可能になるというのは、レアケースと想像します。
お問い合わせの文章からすると、術前矯正をしていたが、よくよく検査したら顎関節に問題があったということでしょうか。

まずは、もう一度主治医の矯正医の説明を聞いて、手術は矯正医ではなく口腔外科医が行うと思うので、その辺りのお話を聞いてから、判断されたら宜しいと思います。
その上で大学病院などでセカンドオピニオンをお受けになるのも、選択肢の一つとは思います。
ひろぽんさん
拝見いたしました。

現在矯正治療をしていらっしゃるということですが、どういった内容なんでしょうか。
外科矯正と通常の矯正治療では、最初から治療目的・内容が違ってきます。
外科矯正では、手術を目的に、術後の最終位置を目指して術前の矯正治療を行います。ですから、途中で手術が不可能になるというのは、レアケースと想像します。
お問い合わせの文章からすると、術前矯正をしていたが、よくよく検査したら顎関節に問題があったということでしょうか。

まずは、もう一度主治医の矯正医の説明を聞いて、手術は矯正医ではなく口腔外科医が行うと思うので、その辺りのお話を聞いてから、判断されたら宜しいと思います。
その上で大学病院などでセカンドオピニオンをお受けになるのも、選択肢の一つとは思います。
早速ですが、手術ができないと言われたのは、口腔外科でなのでしょうか。もしくは矯正歯科でなのでしょうか。
実際手術をするのは口腔外科医ですし、セカンドオピニオンとして別の口腔外科の先生の意見をお聞きになるのも一つかと存じます。
早速ですが、手術ができないと言われたのは、口腔外科でなのでしょうか。もしくは矯正歯科でなのでしょうか。
実際手術をするのは口腔外科医ですし、セカンドオピニオンとして別の口腔外科の先生の意見をお聞きになるのも一つかと存じます。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除