矯正装置をつけている期間に気を付けること

デンタルフロス

1.矯正器具と食事

ワイヤーとブラケットをとめるゴムに透明なものを使用している場合、赤ワインやカレーの色素が着色しやすいので注意をしましょう。着色を避けたい方は、ゴムを交換する次の診療日が近づいたときに、食べられるといいでしょう。

2.矯正治療中を快適に過ごす方法

こまめに歯磨きをして、清潔に保つことが第一です。不衛生にすると、歯茎が腫れて血流が悪くなると、歯が動きにくかったり、治療期間が伸びたりします。
常にお口の中を清潔に保つことを心がけましょう。
総院長 : 川崎 健一
資料提供
表参道矯正歯科
総院長 : 川崎 健一
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函