矯正装置をつけている期間に気を付けること

デンタルフロス

1.矯正器具と食事

ワイヤーとブラケットをとめるゴムに透明なものを使用している場合、赤ワインやカレーの色素が着色しやすいので注意をしましょう。着色を避けたい方は、ゴムを交換する次の診療日が近づいたときに、食べられるといいでしょう。

2.矯正治療中を快適に過ごす方法

こまめに歯磨きをして、清潔に保つことが第一です。不衛生にすると、歯茎が腫れて血流が悪くなると、歯が動きにくかったり、治療期間が伸びたりします。
常にお口の中を清潔に保つことを心がけましょう。
総院長 : 川崎 健一
資料提供
表参道矯正歯科
総院長 : 川崎 健一
日本矯正歯科学会認定医

このページの先頭へ

歯の豆知識