叢生(でこぼこの歯並び)の虫歯リスク

歯の健康をまもるための矯正治療

矯正治療の目的のひとつに、歯磨きでブラシが歯の隅々まで行き届きやすい、ムシ歯や歯周病にかかりにくい歯列をつくり、歯の寿命をのばします。

虫歯や歯周病の原因にもなる、歯石や歯垢がたまりやすい不正咬合として、歯が重なり合って凸凹に生えている乱杭歯(らんぐいば)・叢生(そうせい)があります。
下の前歯にガタガタがある場合、上の歯よりも、他の人からは見えないので見た目が気にならず、放置されがちなので、気づかないうちに歯周病が進行している場合があります。

歯科医院に通って、歯磨き指導や治療を受けても歯の健康状態が改善されない場合は、担当医に相談して、矯正歯科治療を検討してみてもよいでしょう。

治療前(叢生)
治療前 歯
治療後
治療後 歯
下の前歯は凸凹に生えていて、歯がお互いに重なりあったりしています。そのために歯ブラシの毛先が当たらないところができて、十分に歯と歯の間を磨くことができません。
その結果として歯と歯の間の歯肉が炎症を起こして出血しています。
これは歯周病のはじまりで、放置すると歯を支える支持組織である骨が吸収して歯を早く失う原因となります。
? 治療後は下の歯がきれいなアーチ状に並んで歯と歯の重なりもなくなりました。
この状態ですと小さめの歯ブラシを使えば前の歯の裏側をよく磨くことができます。
歯肉が炎症を起こしたり、歯と歯の間にムシ歯ができたりする心配はなくなります。

※治療結果は個人差があります。



このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函