歯並びが悪いとどうなるの?(3)見た目への影響

歯の噛み合わせと口もとの変化 歯の噛み合わせは、口もとのかたちを変えて顔全体の印象に大きな影響をあたえます。
下記の受け口(下顎前突)の治療例をご紹介しながら解説いたします。
治療前
治療例 顔

治療前 歯
治療後
治療例 顔

治療前 歯
この症例はいわゆる「反対咬合」とよばれる不正咬合です。
上の前歯が下の前歯の前に出ている正常咬合に対して、反対咬合は、下の歯が前に出て噛み合わさっています。
そのため、お顔の写真を見ると、突き出た下の前歯の影響を受けて、下の唇が上の唇の前に出て、唇がまくれ上がっているように見えます。
矯正治療後は、上下の歯の位置が正常になり、唇の形も整って、自然なラインになりました。
なお、反対咬合の場合、歯並びだけでなく顎の骨の成長異常・変形が原因の場合は、顎の骨を切って骨格から改善して矯正治療を行う「外科矯正」で治療する場合もあります。

※治療結果は個人差があります。


このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック