矯正歯科・審美歯科 スマイルコンセプト

矯正治療の基礎知識!タイプ別4つの治療法

矯正治療の基礎知識!タイプ別4つの治療法

矯正治療をご検討中の方の中には「自分にはどのような治療法が合っているのか」お悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は4つの治療法についてご紹介しています。治療ごとの特徴や、おおよその費用について解説していますので、矯正治療をご検討中の方はぜひ参考になさってください。

下記、4つの治療をご紹介します。

(1) ブラケット矯正
(2) マウスピース矯正
(3) セラミック矯正
(4) 外科矯正

(1) ブラケット矯正

まず「矯正治療」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、こちらのタイプではないでしょうか。歯の表面に「ブラケット」とよばれる銀色の矯正器具を装着し、そこへワイヤーを通して少しずつ歯を動かす治療法です。なお、ブラケット矯正は装置を付ける場所によって、表側矯正と裏側矯正に分かれます。

表側矯正

表側矯正

歯の表側にワイヤーとブラケットを装着する一般的な治療法です。金属の装置が目立つことに抵抗がある方は、白いワイヤーや透明なブラケットなどの審美性の高い装置を用いることで、口元が目立ちにくくなります。
治療費の目安は600,000〜1,000,000円前後です。

メリット
・矯正方法のなかでは比較的費用が抑えられる
・裏側矯正に比べて歯磨きがしやすい

デメリット
・歯の表側に装置を装着するため、目立ちやすい

裏側矯正

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着し、そこへワイヤーを通して歯並びを整えます。大きくお口を開けない限り、内側に装着した装置が見えないので、審美面を重視したい方に適しているでしょう。
目立ちやすい上顎は裏側矯正、比較的目立たない下顎は表側に装置を付ける「ハーフリンガル」という治療法もあります。この治療法であれば、すべて裏側に装着する方法と比べて費用を抑えられます。
治療費の目安は700,000〜1,200,000円前後であり、表側矯正より設定金額が高めです。

メリット
・歯の裏側に装置を装着するので、矯正していることが分かりにくい
・抜歯を伴うような歯を大きく動かすケースでも対応できる

デメリット
・発音がしにくい、歯磨きがしにくいなどのストレスを感じやすい
・表側矯正と比べて治療費が高い

(2) マウスピース矯正

(2) マウスピース矯正

取外しができるマウスピースタイプの矯正装置です。薄くて透明で目立たない、取外しができて歯磨きもラクであることから、注目されている治療法です。歯の動きに合わせて定期的にマウスピースを交換しながら歯を動かします。
治療費の目安は500,000〜900,000円前後です。

メリット
・取り外しができる
・透明で目立ちにくい

デメリット
・食事や歯磨き以外の時間はマウスピースの装着が必要である(1日20時間程度)
・歯並びや噛み合わせによっては、マウスピース矯正が適用しない場合がある

(3) セラミック矯正

(3) セラミック矯正

セラミック矯正はセラミックの被せ物で歯並びを整える治療法です。歯を小さく削り、その上にセラミック製の被せ物を装着することで、歯の形や歯列不正を整えます。矯正装置で歯を動かす治療法ではないので、比較的早く治療が完了します。
治療費の目安はセラミック1本あたり約80,000〜150,000円前後です。

メリット
・歯の移動を伴わないいため、短期間で治療が終わる
・歯の色や形も整えことができる

デメリット
・天然の歯を削る必要がある
・抜髄(神経を抜く処置)が必要な場合がある

(4) 外科矯正

(4) 外科矯正

外科手術と矯正歯科治療を併用する治療法です。顎の骨が大きく変形し、矯正治療だけでは噛み合わせを確立できないなど、骨格に問題があるケースに適用されます。
「顎変形症」の治療は一部の医療機関で健康保険(公的医療保険)が適用されます。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒「国民健康保険が適用される症状の種類と医療機関の条件」

メリット
・顔貌(顔つき)の改善に期待できる

デメリット
・入院を伴う手術が必要である

⇒詳しくはこちらの「顎変形症 [ がくへんけいしょう ] の治療例」を参考にしてみてください。

治療費が気になります!支払い方法を教えてください

治療費が気になります!支払い方法を教えてください

矯正治療は見た目の改善を目的とする場合が多いため、健康保険(公的医療保険)が適用しません。全額が自由診療となるため、高額な治療費が必要であることは覚悟しておかなければならないでしょう。

一括払いの負担が大きい場合は、デンタルローンを活用する手もあります。歯科医院によっては支払いのタイミングや支払い方法に相談に乗ってくれる場合もあるので、担当医と相談してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード払いやデンタルローンの利用

クレジットカードやデンタルローンを活用した分割払いが可能です。その際は月々の支払い金額を抑えられますが、利息がつくことをお忘れなく。事前にトータルの支払い金額を確認しておきましょう。

医療費控除で費用を抑える

医療費控除をご存知でしょうか?医療費が年間100,000円を超えた場合に一部の金額は戻ってくる制度です。矯正歯科治療も医療費控除が適用できる場合があります。

詳しくはこちらの「医療費控除について」を参考にしてみてください。

このページの先頭へ

歯の豆知識