子供の矯正治療で使用する装置 [緩除拡大装置]

ゆっくり歯列の横幅を大きくする装置

顎の成長をコントロールして抜歯しないで矯正する土台をつくる矯正装置

緩徐拡大装置(可撤式)
▲ 緩徐拡大装置(可撤式)
緩徐拡大装置[かんじょかくだいそうち]は、横幅の狭い上顎の歯列を拡大するときに使用する装置です。
取り外しができる可撤式と、固定式の2タイプがあります。取り外しができるプレートタイプは、装置中央のネジを少しずつ回して、弱い力で歯を徐々に外側に傾斜させて歯列を広げる仕組みです。取り外して洗うことができるので衛生的です。



装着感と注意点

装着後1週間くらいは、食べ物を噛んでいるときに痛みを感じる場合があります。固定式の装置の場合は、口の裏側に太めのワイヤー(0.8mm〜1mm程度)が通っているため、食事がしにくかったり、食べ物をはさまりやすかったりすることがあるので、特にひっかかりやすいガムや、とろろ昆布のような食べ物はできるだけ避けたほうがよいといわれています。

■ 緩除拡大装置を使った治療例

治療前
緩除拡大装置治療前
▲ 治療前 : 歯が歯列にぎゅうぎゅうに詰まっています。
このまま成長すると、上顎の隙間がたりなくて、前歯がきれいに並べません。
治療前
緩除拡大装置治療後

▲ 治療後 : 上顎の前歯に隙間ができて、前歯が並びやすい顎の状態になりました。


※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。





このページの先頭へ

歯の豆知識
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック