子供の矯正治療で使用する装置 [緩除拡大装置]

ゆっくり歯列の横幅を大きくする装置

顎の成長をコントロールして抜歯しないで矯正する土台をつくる矯正装置

緩徐拡大装置(可撤式)
▲ 緩徐拡大装置(可撤式)
緩徐拡大装置[かんじょかくだいそうち]は、横幅の狭い上顎の歯列を拡大するときに使用する装置です。
取り外しができる可撤式と、固定式の2タイプがあります。取り外しができるプレートタイプは、装置中央のネジを少しずつ回して、弱い力で歯を徐々に外側に傾斜させて歯列を広げる仕組みです。取り外して洗うことができるので衛生的です。



装着感と注意点

装着後1週間くらいは、食べ物を噛んでいるときに痛みを感じる場合があります。固定式の装置の場合は、口の裏側に太めのワイヤー(0.8mm〜1mm程度)が通っているため、食事がしにくかったり、食べ物をはさまりやすかったりすることがあるので、特にひっかかりやすいガムや、とろろ昆布のような食べ物はできるだけ避けたほうがよいといわれています。

■ 緩除拡大装置を使った治療例

治療前
緩除拡大装置治療前
▲ 治療前 : 歯が歯列にぎゅうぎゅうに詰まっています。
このまま成長すると、上顎の隙間がたりなくて、前歯がきれいに並べません。
治療前
緩除拡大装置治療後

▲ 治療後 : 上顎の前歯に隙間ができて、前歯が並びやすい顎の状態になりました。


※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。





このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科ネット特集&レポート

注目の矯正歯科治療や、矯正歯科ネットのスタッフが矯正歯科のドクターに取材した特集コンテンツです。

  • 矯正歯科ネット 特集&レポートを見る