矯正治療での歯列矯正に限界がある場合って?

症状によって装置による治療のみでは改善できない場合があります

症状によって装置による治療のみでは改善できない場合があります

歯列矯正とは、歯が生えている顎の骨(歯槽骨)のある範囲で、矯正装置を使ってゆっくり歯を移動させる「歯芽移動」によって治療するものです。
歯列矯正だけでは改善できない症例もあり、たとえば、顎の骨格が原因でおこった不正咬合(顎変形症)など、歯並びの状態によっては、別途、外科手術などの追加治療が必要なケースがあります。

患者様の症状や希望、診察した医療機関によって、「抜歯治療」と「非抜歯治療」や、「外科手術を併用した矯正治療」などの追加治療の必要性など治療計画が異なる場合があります。
治療をはじめるときには、治療の目的やゴールを担当医に伝えて、それぞれの治療方法のメリットやデメリット、治療によって改善されることとリスクについて質問し、ご自身が納得してから治療を開始しましょう。

1.顎の骨や顔の骨格のゆがみによる不正咬合

顎の骨やお顔の下半分の骨格のゆがみや変形が起因する不正咬合の場合、通常のワイヤーとブラケットによる矯正治療のみでは、適切な噛み合わせに改善し、不正咬合による顔貌の改善には限界があります。矯正治療と骨格的な変形を治療する外科手術を併用して治療が必要な場合があります。
症状によって、公的医療保険が適応できるケースもありますが、外科矯正を選択するか矯正歯科の範囲で治療をするかの選択は、最終的に患者様自身の希望や要望によります。矯正医に相談し、治療内容のリスクや限界について良く理解したうえで、治療方法を決めることが望ましいです。

2.ブラックトライアングル、歯根の露出

2.ブラックトライアングル、歯根の露出

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間にある歯肉(歯間乳頭)の位置が、何らかの理由で下がり、歯と歯の間が黒い三角形(トライアングル)にみえる状態のことです。
歯茎の位置がさがることを「歯肉退縮」といい、主な原因として加齢や歯周病、強すぎるブラッシングなどが挙げられますが、成人矯正の治療後でも見られることがあります。
成人矯正では、1.歯並びが改善されたことによって歯肉の腫れが改善されて歯茎の位置が下がる、2.著しく移動が多い特定の歯(叢生の犬歯など)などが理由でブラックトライアングルが起こることがあります。

3.骨性癒着(アンキローシス)による治療期間の延長

骨性癒着とは、歯と顎の骨の歯槽骨がくっついてしまっている状態をいいます。通常、歯根と歯槽骨の間にある歯根膜があり、歯根膜が歯槽骨を圧迫することで歯槽骨が吸収されて歯が移動します。何らかの理由で歯根膜に損傷があり、歯槽骨を癒着してしまている場合は、矯正治療で歯を動かすことはできません。
骨性癒着は、治療前の検査では予測できない場合があり、治療中に動かない歯が見られた場合、精密検査後に治療計画を変さらにする必要があります。骨性癒着で動かない歯を動かすためには、コルチコトミーのように歯槽骨皮質骨をに切る外科手術などの治療を並行させます。


このページの先頭へ

歯の豆知識