不正咬合の治療例 出っ歯(上顎前突)

出っ歯、上顎前突[じょうがくぜんとつ]とは

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態をいいます。 前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。

【出っ歯の症例1】 小児矯正の治療例

※小児矯正
前歯が永久歯に生え変わり始める頃(7才から9才頃)の治療です。
治療前
上の前歯が下の前歯よりも極端に飛びだして口が閉じにくく、口を閉じたときに口のまわりに緊張が見られます。
治療前
治療中
治療後
↓
治療後
治療後
治療前 治療後

【出っ歯の症例2】 成人矯正の治療例

※成人矯正
永久歯に生え変わった後の治療です。小学校高学年から成人までが対象です。
治療前

上の前歯が下の前歯よりも極端に前に飛び出しています。

治療前
治療後
治療後
治療前 治療後

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

 width=
資料提供
さわはた矯正歯科医院
院長:澤端 喜明先生

このページの先頭へ

歯の豆知識