不正咬合の治療例 叢生(乱ぐい歯、凸凹の歯並び)

叢生[そうせい](前歯のデコボコ、乱杭歯[らんぐいば])とは

叢生は歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態をいいます。あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。
歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

【叢生の症例】 成人矯正の治療例

※成人矯正
永久歯に生え変わった後の治療です。小学校高学年から成人までが対象です。
治療前
歯並びがでこぼこになっています。
治療前
治療後
治療後

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

 width=
資料提供
さわはた矯正歯科医院
院長:澤端 喜明先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック