神宮前矯正歯科

インプラント矯正の症例写真

出っ歯、オーバーバイト(過蓋咬合)

出っ歯、オーバーバイト(過蓋咬合)

出っ歯、オーバーバイト(過蓋咬合)をインプラント矯正で治療した症例写真です。
治療前、上の前歯がかなり出ていました。しかも下の歯が上の歯茎にくいこんでいて噛み合わせが深くなっていました。

上の歯を2本抜き、上下裏側矯正+インプラント矯正で治療中です。
前歯がひっこんで、下の歯もみえてきました。

八重歯、正中のずれ

八重歯、正中のずれ
八重歯、正中のずれ
八重歯、正中のずれ

治療前、ひどい八重歯と受け口でした。
しかも上の真中に対して下の真中が左側へかなりずれていました。本人がどうしても歯を抜きたくないということで、非抜歯で治療しています。
上下裏側矯正+インプラント矯正ですべての歯を後ろに動かしていきました。
がたがたもなくなり、上下の真中もほぼあってきました。

叢生(歯のガタガタ)、歯の傾斜

叢生(歯のガタガタ)、歯の傾斜
叢生(歯のガタガタ)、歯の傾斜
叢生(歯のガタガタ)、歯の傾斜
叢生(歯のガタガタ)、歯の傾斜

治療前は著しいがたがたでした。
上の2番目の歯は完全に内側へ入り、左下の歯の1本は手前へ倒れていて、歯茎の中にくいこんでいます。健康な歯は抜きたくないということで、非抜歯で治療を開始しました。

上裏側、下表側+インプラント矯正ですべての歯を後ろに動かしてがたがたをきれいにしていきました。
たおれていた歯もきれいにおきました。歯を後ろに動かしているので口元が出たりしていません。

資料提供
神宮前矯正歯科
院長:斉宮康寛先生

このページの先頭へ

歯の豆知識