埋伏歯(自然にはえて来られない、埋まっている歯)の矯正治療

小児矯正症例写真 大人の歯にはえかわりつつあるお子様の治療

埋伏歯 [まいふくし]とは

何らかの原因で、歯が生えてくる時期が過ぎても、歯(歯冠[しかん])の全部または一部が、歯茎の下や、顎の骨のなかに埋まって出てこない状態の歯のことをいいます。乳歯が早く脱落したり(早期脱落)、遅くまで残っていた場合(晩期残存)や、顎の骨が十分に発育していなくて永久歯の生えてくる場所が不足することなど、さまざまな原因があります。

【症例写真紹介】 左上の犬歯が隣の歯の上に埋まっている症例の治療

使用した矯正装置

7歳女子の症例です。
左上の犬歯が隣の歯の上に埋まっていて自然にはえることができませんでした(埋伏歯)。

歯茎の上の方に歯の一部を出して、そこに装置をつけてゆっくり引っ張り出してきました。最後は全体的にブラケットをつけてきれいにならべました。

治療前

治療前
治療前

治療後

治療後埋伏歯の治療は、問題がなければそのまま経過観察することもありますし、上記の症例のように、矯正(きょうせい)装置を用いて口腔内に引っぱり出し、正しい位置に生やす治療を行うこともあります(牽引誘導)。このほか、症状によって、歯茎を少し切開して、埋伏歯が生えてくるように誘導して治療する場合もあります。

院長 : 坪井佳子
資料提供
なかよし矯正歯科クリニック
院長 : 坪井佳子
(日本矯正歯科学会認定医・指導医)

このページの先頭へ

歯の豆知識