【症例写真】 上顎前突(出っ歯)の治療例 (小児・成人)

上顎前突症 [じょうがくぜんとつしょう] とは

■上の前歯が強く前に傾斜している状態や上顎の歯全体が前に出ている状態

上顎前突[じょうがくぜんとつ]とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎の歯全体が前に突き出ていたりする状態をいいます。前歯の角度異常や、上顎の過成長、下顎の成長不足、指しゃぶりなどの癖も原因となります。

なお、上顎そのものが前方に突き出ているケースは、小学校中〜高学年までに治療を開始することが望ましいです。まだ骨がやわらかいので、上下の顎のバランスを改善する装置(ヘッドギアなど)を使用し、上下の顎を正しい状態へ導く治療が可能です。
また、指しゃぶりや舌先で歯を押し出す舌癖などが見られる場合は、舌癖によって治療後の噛み合わせが不安定になるのを防止するために、MFTと呼ばれるお口のトレーニングや、舌癖防止装置などを使った治療が並行して行われます。

上顎前突出の症例写真

■ CASE1:小児矯正(お子様)の治療例

治療前 治療後
CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療前

口が閉じにくい状態です

  CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療後

前歯の突出がキレイに改善されました

CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療前   CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療後

■ CASE2:成人矯正(永久歯が生え揃った方)の治療例

治療前 治療後
CASE2:成人矯正(永久歯が生えそろった方)の治療例:治療前

唇・歯など、口元が突出しています

  CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療後

口元が引き締まった印象になりました

CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療前   CASE1:小児矯正(お子様)の治療例:治療後
上田院長
資料提供
うえだ矯正歯科
院長 : 上田 昌利
(日本矯正歯科学会 認定医 / 日本成人矯正歯科学会 認定医)

このページの先頭へ

歯の豆知識
  • 譁ー螳ソ遏ッ豁」豁ッ遘 荵譚 邏苓カ鬥吝育函
  • 貂玖ーキ遏ッ豁」豁ッ遘 譚ア豬キ譫苓イエ螟ァ髯「髟キ蜈育函
  • 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」逵溽セ惹シ 驫蠎ァ遏ッ豁」豁ッ遘 豺ア豐「逵滉ク髯「髟キ蜈育函
  • 逾槫ョョ蜑咲浣豁」豁ッ遘代譁牙ョョ 蠎キ蟇幃劼髟キ蜈育函
  • 繧「繧、遏ッ豁」豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッ縲遖丈コ 荳鄒朱劼髟キ蜈育函
  • 譌・譛ャ讖九ッ繧縺礼浣豁」豁ッ遘 譫嶺ク螟ォ髯「髟キ蜈育函
  • 豎陲矩ァ蜑咲浣豁」豁ッ遘 蟆丞ョ、謨ヲ髯「髟キ蜈育函
  • 繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代げ繝ォ繝シ繝 鬮倡伐鬥ャ蝣エ繝ェ繝懊Φ豁ッ遘代サ遏ッ豁」豁ッ遘 驥大ュ 豁」譏主育函
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック