【成人矯正】上下顎前突を抜歯して治療した症例

上下顎前突とは

■上下の歯が突出しているため、お口が閉じづらい状態

どうしよう!抜歯をする・可能性があるといわれてしまった!

上の歯と、下の歯、歯槽骨が前方に飛び出しているため、お口が閉じづらい状態です。上下の歯がともに前に出ているので、一見すると、歯並び・噛み合わせは、問題ありません。
しかし、横顔を見ると、唇が突出して、口元が突き出て見えます。

【症例写真】 歯の凸凹と上下顎前突を治療した例 (30代女性)

下にご紹介するのは、歯のデコボコ(叢生)と、飛び出した前歯、また唇が閉じづらいことを訴えて来院された30代の女性を治療した症例です。
デコボコと、前歯の出っ歯を改善するために、上顎の歯を4本(本来抜かれるはずの親知らずを並べたので実質は2本)、下顎の歯を2本抜歯して治療しました。

患者様:30代 女性
症状:歯の凸凹(叢生)と、前歯の突出で唇が閉じづらいことを訴えて来院
治療法:上顎4本、下顎2本を抜歯。

治療前 治療後
患者様 :?30代 女性 ? 患者様 :?30代 女性
患者様 :?30代 女性 ? 患者様 :?30代 女性

治療前と治療後の横顔を比べるとまるで別人ですね。口元の突出が改善されています。
ただ、前歯の並びが前歯の中央にある1番と、3番、4番の歯が並んでいます。
これは、歯科医師の目からすると違和感があります。患者様が選択されなかったもう一つの方法、「インプラントアンカー」を用いて上の臼歯を後ろに移動する治療法」をとれば、前歯を抜歯せずに治療をおこなえたでしょう。
(※その代わり、今回は抜かずに並べた上顎の親知らずが抜歯されます。)

星 隆夫
資料提供
星矯正歯科
院長:星 隆夫

このページの先頭へ

歯の豆知識