上下の歯の凸凹を非抜歯で治療した症例

はじめに:患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

歯を抜かずに叢生(でこぼこ)を治療した症例

患者様 : Hさん 男性
症状 : 歯列の叢生(デコボコ)     抜歯なし

この症例はガタガタ(叢生)がありますが、臼歯を後ろに移動させ、前歯部が並ぶスペースを作り出す事により、歯を抜かずに治療しました。
歯を抜くか抜かないかは、歯形やX線写真などから得られる客観的データに基づき、ガタガタの度合い、歯の出ぐあい、あごの骨の形、奥歯の咬み合わせの状態などとともに、ご希望の治療目標を総合的に判断して、治療をお受けになる患者さんご本人と保護者の方との話し合いにより決定します。

治療前
治療前

初診時の状態です。上下の歯並びがガタガタしています。

治療中
治療中 抜歯後

まず上下の奥歯をゆっくりと後方に移動していきます。

治療中
治療中

奥歯の位置を調整しながら前歯にも装置を付けていきます。
歯列内にスペースができています。

治療中
治療中

できたスペースをうまく利用して前歯を並べていきます。

治療中
治療中

細かい仕上げをしていよいよ完成です。

治療後
治療後

装置は歯に接着してあるだけですので、専用の器具で簡単にはずせます。
治療終了後は歯の裏側にリテーナーを装着し、年に1度くらいの定期検査を続けます。

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
 width=
資料提供
高橋矯正歯科クリニック
院長:高橋 治 先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
医療法人愛美会アイ矯正歯科クリニック