歯並びの凸凹(叢生)をインプラント矯正で治療した例/非抜歯

はじめに:患者様のお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例をご覧いただき、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

(成人・女性)抜歯せずにインプラント矯正で叢生を治療

患者様:Iさん (27歳・女性)
症状:歯の凸凹(叢生)
抜歯:なし

治療前:歯並びの凸凹(叢生)

下記の症例写真は、成人女性の叢生を治療したものです。診療を受ける前まで、歯並びがでこぼこ(叢生)が気になるものの、矯正のために歯をで抜くのが嫌で矯正治療をあきらめていたそうです。
しかし、インプラント矯正による歯を抜かない治療で改善することができました。
装置を付けていた期間は2年弱です。

[写真右]歯の裏側(口蓋)にインプラントを埋入している様子。

■治療前後の比較

治療中:歯並びの凸凹(叢生)

治療中:歯並びの凸凹(叢生)

治療中:歯並びの凸凹(叢生)

※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。

 width=
資料提供
さわだ矯正歯科クリニック
院長:澤田 大介 先生

このページの先頭へ

歯の豆知識