摩擦の少ない表側装置で歯列のガタガタを治療した症例

はじめに:患者さんのお口の中の状態は人によって違います。ご自身と似た症例を御覧頂き、治療を検討する際のご参考として治療前・治療後の症例を紹介いたします。

抜歯しないで叢生(でこぼこ)を治療した症例

患者様 : Hさん 男性
症状 : 叢生(デコボコ)、奥歯のかみ合わせが悪い

・かみ合わせの不調和と歯列のガタガタ(叢生)を、従来よりもワイヤーとブラケットの摩擦がすくない表側装置で治療しました。(セルフライゲーションシステム)
・この装置はセラミックのように完全に透明な装置ではありませんが、「少ない摩擦力と優しい力による歯の移動」が特長です。
・どのような装置を使用して治療するかは、ご希望の治療内容や目標および歯並びの状態を総合的に判断し、治療をお受けになる患者さんご本人(と保護者の方)との話し合いにより決定します。

治療前
治療前

初診時の状態です。上下の歯並びがガタガタしており、奥歯のかみ合わせも正しくありません。

治療中
治療中

従来よりもワイヤーとブラケットの摩擦がすくない表側装置で治療しています。

治療後

治療後治療終了後は後戻りしないように歯の裏側にリテーナーを装着します。
この後は年に1度くらいの定期検査を続け、歯石や歯の着色をとったり、虫歯ができていないかチェックします。

治療後の比較

治療後顔写真
笑顔がステキになりました。
治療後比較
歯並びもキレイに整いました。
※治療方法・治療結果は、患者様によって個人差があります。
 width=
資料提供
高橋矯正歯科クリニック
院長:高橋 治 先生

このページの先頭へ

歯の豆知識
矯正歯科・審美歯科スマイルコンセプト渋谷クリニック・横浜ベイクリニック